一人暮らしでワンルームの部屋であれば
「ソファはいらない」と思っています。

 

家具メーカーに勤める友人数人に聞いても、
最終的には「必要ない」でまとまります。
ではその理由についてご説明していきます。

 

実は、僕もワンルームの部屋に住んでた時に
ソファを買ってめちゃくちゃ後悔しました。

 

 

ソファがいらない理由

一人暮らしを始めると、
オシャレな部屋にしたい。
せっかくの自分の城だから
ソファを置いてそこでのんびり
過ごしたい。という気持ちになりますよね。

 

すごく分かります。
でも、僕はワンルームにソファは
置かなくても良いと考えています。
むしろ置かないほうがオシャレで
快適な生活ができるのではないでしょうか。

 

もし、あなたの部屋がワンルームでも
12畳以上のスペースがあるなら
この記事は無視してください。

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

部屋が狭くなる

ワンルーム(1R)ですので
ソファを置くと、それだけ場所を
取ってしまいます。

 

部屋にはもっと置くべき家具や
有効に使いたいスペースがある
はずなのに、ソファを置いてしまう
ことで場所がなくなってしまいます。

 

また、ソファは小さくとも
横幅120センチ・奥行き75センチはあります。
部屋の中でメジャーで測ってみて
「よし置ける!」と思っても、
実際には高さがありますので
思った以上に圧迫感があります。

 

ちゃんと測ったはずなのに
予想以上にデカかった、というのは
家具の失敗談ではあるあるなので
注意しましょう。

 

 

きっとソファに座らない

それでも無理をしてソファを
買ったとしましょう。

 

すでにお部屋にはベッドを置く
スペースが大きく取られていますので、
大きなソファを買うことはできません。
ラブソファ以下のサイズになるでしょう。

 

小さめのソファなら置けるからといって、
横幅の小さなソファを選ぶとゴロンと
横にはなれない大きさです。

 

奥行きの小さなソファを選ぶと
ゆったり座れません
(体格によりますが、女性でも
ゆったり座ろうとすれば奥行80センチは必要です)。

 

小さめのソファを置けても、
イメージしていたような
「のんびりくつろぐ」ことは難しいです。
むしろソファの座面を背もたれにして
床に座ることが増えるでしょう。

 

それだったらソファを置かないほうが
お部屋を有効活用できますよね。

 

 

 

ワンルームにソファベッドは考えもの

じゃあベッドがスペースをとるから
ソファとベッドが一体になった
ソファベッドを買えばいいんじゃないか?
という発想が出ると思います。

 

夜はベッドにして、日中や誰かが来る時は
ソファにして。って買う前は色々と想像
するんです。想像の中では出来てるんです。

 

でも、ずぅーーーーーっとベッドの形のまま
置くことになるでしょう。

 

ソファベッドをベッドの状態にすると
そのままでは寝れません。
ベッドの上にベッドパッドや
シーツをかける必要があります。

 

もし、上から何もかけずに
そのままベッドで寝たらどうなるでしょう。

 

布製であればカビが生えます。
革や合皮であれば、汗を吸わずに
あなたは朝ベトベトで起床し、革・合皮は傷みます。

 

よっぽど強い意志がないと、
面倒くさくてソファベッドは
ベッドのまま放置されることになるでしょう。

 

 

置かない選択をしよう

ワンルームの限られたスペースですから、
大きな家具はテレビ台や収納家具、
ベッドとテーブルだけにしておきましょう。

 

ソファは置かない選択をとった方が賢明です。

 

ベッドをソファ代わりに使いましょう。
クッションなどを置いてベッド選びに
こだわればソファを置かなくとも
オシャレな部屋は実現できます。

 

 

また、5万円のソファベッドを買うよりも
5万円のベッドを買った方が絶対にいいです。

 

残念ながらソファベッドは
ソファとベッドの良さが中途ハンパです。
同じ値段であればより良い寝心地が
得られるベッドを選んだ方が健康にも良いです。

※ソファベッド自体を否定している
わけではありません。
今回の状況に於いてはソファベッドよりも
ベッドの方が有用であると考えております。

 

 

最後に

今回は、ワンルームに限って
ソファは置かない方が良いというお話でした。

 

ソファを置くにはベッドとソファを
置くスペースが十分に取れる
1K以上の部屋が望ましいです。

 

家具を買うことは決して安い買い物では
ありませんので十分に考えて購入しましょうね!