人生の三分の一を過ごす
ベッドの上。

 

夫婦で二人ともが快適に過ごすために
ベッド選びは他の家具選びより重要と
言えます。

 

 

買うサイズはどうしよう?

男女で体格も寝る時間も違う
夫婦が二人とも快適な眠りを
実現させるためにはどのような
ベッド選びをすれば良いのでしょうか?

 

僕の失敗談も踏まえてご紹介します。

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

二つのベッドに分ける場合

旦那さん、奥さんでシングルとシングルなど
ベッドを分ける場合にはどのような
メリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

メリット

  • お互いの寝返りが相手に響かない
  • 寝る時間が違っても相手を起こさない
  • 自分一人の寝る環境を確保できる

 

デメリット

  • 肉体的に離れている

 

 

一つのベッドを共有する場合

反対に二つのベッドをくっつけて
眠る場合はどうでしょう。

 

メリット

  • 肉体的に近く子作り促進
  • 部屋のスペース確保

 

デメリット

  • 寝返りの振動が相手に伝わる
  • 一人分のスペースが狭く感じる

 

2つのベッドをくっつける場合の注意点

2つのベッドを選ぶ場合のメリットは
一人一人が自分のスペースで眠ることが
できるという点です。

 

しかしながら、家族が増えた場合は
それまでの使い方がガラリと変わります。

 

クイーンやキングサイズを選ぶ場合の注意点

日本でいうクイーンサイズやキングサイズは
以下の通りのサイズ展開が多いです。

 

  • クイーン=セミシングル2つの大きさ(170cm)
  • キング=シングル2つの大きさ(200cm)

 

商品によっては2つのマットレスを
横につなげて一つのフレームに収めるという
形になっている商品も多くあります。

 

すると、途中で家族が増えて
その大きさで足りなくなった場合や
ベッドをもう一つ増やさないと
いけなくなった場合に寝室のスペースを
大きく取ってしまうというデメリットが
あります。

 

 

フレームが分けられない場合

二つのマットレスを1個のフレーム内に
納めている場合はマットレスの間に
溝ができてしまいます。

 

夫婦二人で寝るのであれば
さして問題ありませんが、
子どもができて少し成長し
3人で寝るとなった場合には
お子様が真ん中の溝で寝ることに
なるでしょう。

骨や筋肉の成長に特に大事な
第一次成長期の睡眠時間を
マットレスの溝で過ごすことになります。

 

 

管理人ちよの失敗談

この記事を書く上で、僕自身の失敗談も
書いておきます。

 

はじめダブルベッド購入

新婚の夫婦ラブラブの時に
離れて寝るのは寂しいからと
ダブルベッドにしました。
(今もラブラブですけどね?)

 

ダブルベッドは大人二人が
ちょうど横に寝られるくらいの
大きさです(140cm)

 

息子生まれる、シングルベッド追加購入

そこに玉のような息子が生まれ、
やがてベビーベッドを卒業して
一緒に寝るようになりました。

 

さすがにダブルベッドでは狭いので
買い足そうと思いました。
そこで、子どもが成長して一人で
寝るときのためにシングルベッドを
購入して、ダブルとシングルを
くっつけて3人で寝始めました。

 

その時点で部屋はパンパン。
だって、ダブルベッドとシングルベッドを
7畳の部屋に置いてるんですから…。
カニのように横向きにならないと
ベッドまではたどり着けませんでした汗

 

 

ダブルに戻すも狭い、ワイドダブルを買う

やがて子どもが一人でも寝れるように
なった今、夫婦二人で今更ダブルベッドでは
非常に狭く、正直眠れません。

 

ダブルとシングルをくっつけていたので
ダブル単体に二人では余計に狭く感じて
しまいました。

 

そこで、シングルがなくなって広くなった
寝室なのでダブルよりも大きいサイズの
ワイドダブルのベッドを購入したんです。

 

どうせ狭くなってしまうのだったら
最初からワイドダブルとシングルを
置いても良かったわけです。
(どうせカニ歩きになるんですから)
そうすれば、まだ使えたダブルベッドを
捨てる必要はありませんでした。泣

 

 

二人のライフスタイルや将来設計と相談

僕の失敗からの意見も含みますが
ベッド選びには夫婦だけでなく、
これからの家族計画やビジョンも見据えた上で
サイズを選ぶべきです。

 

今だけを見てサイズを選んでしまうと
結局もったいない思いをしてしまいます。

 

そうならないためにも、夫婦のベッドサイズを
選ぶ際は、これから何人子どもを作るのか、
部屋のサイズとの相性はどうかについても
十分考える必要がありますね!