ベッドをお持ちの方には、マットレスの下に
なんらかの収納がついている、もしくは
収納ケースを置いているという方が多いのでは
ないでしょうか?

そんなベッド下収納に関するウソをご紹介します。

 

元・販売員だからこそ知っている
ベッド下収納にまつわるウソ・ホント。
個人的な意見ではありますが、
実際に気をつけてほしいことですので
記事にしました。

売りたいだけの家具屋さんに騙されないように
ぜひ覚えていってください!

 

おすすめの収納付きベッドはこちら!

 

ウソ① 湿気は下におりていく

売り文句の常套句として業界では使われている
「寝ている時にかいた汗(コップ一杯分)が
マットレスを通って下に降りていく」
という店員さんの話はにわかに信じてはいけません。

 

僕は物理のことは全くわからないので
説明はできません。ごめんなさい。

 

詳しく知りたい!という方のために
ご参考までにyahoo知恵袋の回答リンクを
貼っておきます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412271724

 

 

ただし、ベッド下に潜り込んだ湿気は
抜けにくく溜まりやすいことは事実です。

 

ベッド下収納の湿気対策は絶対必要です!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:9980円(税込、送料無料) (2016/10/24時点)

 

 

※ご覧いただいた方のご指摘により
一部記事を修正いたしました。
ご意見ありがとうございました。(2016/10/25)

 

 

ウソ② 引き出しタイプは湿気が入りにくい

はい、ウソー!!

 

そんなわけないです。
おそらく家具屋さんが売りたいだけの
まさに売り文句です。

 

その引き出しが、桐たんすのように
一つの引き出しを押し込んだら、
他の引き出しが出てくるというくらい
密封性が高いのなら信じても良いです。

 

しかし、現実的にそんなベッド下収納は
存在しません。

 

引き出しタイプは箱型になっていて
湿気が入りにくいというのはウソです。

 

main

 

いくら箱型でも必ず隙間は存在します。
そこから湿気なんていくらでも入ります。

 

一度入ってしまった湿気は、
逆になかなか抜け出てくれないので
注意が必要です。

 

 

ウソ③ 本や使わない布団を収納しよう

ダメです。お勧めしません。

 

ウソ②でも言った通り、引き出しに入った
湿気は簡単に抜け出てくれません。

 

湿気・本・布団とダニやカビにとって
好条件が盛りだくさんです。
格好の餌場になってしまいます…。

 

IMG_3253

 

むしろ、普段からよく使うものを収納しましょう

 

引き出しを開ける機会が増えますので
換気の役割も果たしてくれます。

 

 

まとめ

今回ご紹介した3つのウソに関しては
ご存知ない方がすごく多いんです。
ベッド下収納も引き出しタイプも
否定する気は全くありません。

 

でも、間違った知識を持たれないように
ご紹介をさせていただきました。

 

  1. 湿気は下ばかりに行くわけじゃない
  2. 引き出しタイプは湿気に強くない
  3. 本や布団は収納しちゃダメ

 

これから、ベッドを選ぶ方も
ベッド下に収納がある方も
ぜひ、ご参考にしてください。

 

もちろん、ご自宅の状況や風通しの具合など
様々な条件により湿度の溜まりかたは変わります。
うちの寝室に湿気対策なんかいらないって
ご家庭もあるでしょうしね(うらやましい…)

 

あなたの部屋の状況に合わせて選ぶのが一番です。

 

この日本で暮らす以上、
湿気は切っても切れないものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

快適に暮らせるように湿気対策は
しっかりやっていきましょう!

 

湿気や暑さ対策にコチラの記事もどうぞ!