ナチュラル=自然な。
そんなインテリアを実現したのに
なんだか面白くない…。

そんな毎日を過ごしていませんか?

 

今回は【差し色】ナチュラルインテリア
をさらにオシャレにする方法
について
ご紹介いたします。

 

 

ナチュナルインテリアといえば、

 

自然の雰囲気が活きて、すごく落ち着く。
柔らかい雰囲気で安らぐ。

というメリットもありつつ、

 

悪く言えば、
面白みがない。
誰もがやってて、ありきたり…。

そんなデメリットもあります。

 

そんなナチュラルインテリアを
一瞬でオシャレにする方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

ナチュラルインテリアには色を差せ!

そういうわけです。

ナチュラルな雰囲気は
全てが自然の色で、のっぺりした印象を
与えてしまう部分もあります。

だからこそ、アクセントカラー(差し色)を
うまいこと使いましょう!!

 

赤は元気をもたらしてくれる

ナチュラルの中にある赤い色は
自然界でいうところの「果実」です。

つまり、生きる源となる栄養源です。

main (1)

見るだけでも元気が出てくる色なので
取り入れてみてはいかがですか?

メインには不向きだが、「赤」の魅力恐るべし!

 

 

夏も間近!青が涼しいってマジか!

青い色は自然の中では
「海」などの水の色です。

14.01.08

 

夏といえば、海!

 

涼しい雰囲気を演出するには
青は欠かせませんよねw

E38396E383ADE382B0E794A8EFBC92-ea727

 

冬はちょっと寒いかもだけどね!!

涼風献上!「青」はあなたに冷をもたらす

 

 

意外といける、「紫」で妖艶さをプラス!

自然界の中になかなか見かけないような
紫色です。

しかし、よくよく考えるとブドウやベリー系は
紫色をしています。

ですので、ナチュラルインテリアには
ちゃんと合いますw

a4

そして、紫特有の「妖艶さ」があります。
見る人を引き込む魅力がある色ですねw

あなたの部屋にハマってしまうかも?紫の威力!

 

 

注意点を少しだけ

あなたの好みに合わせて「差し色」を
選んでみてはいかがでしょうか?

 

その前に少しだけ。

 

あくまでも「差し色」です。

 

お部屋全体を占める割合の
10%程度に抑えましょう!!

 

それ以上に使いすぎると
ナチュラルインテリアを壊します。

赤い寝室

あくまでも、アクセント。
スパイスとして色を使いましょう。

 

 

まとめ

基本的にナチュラルインテリアとは
自然にあるような色を使ったお部屋です。

 

ですので、どんな差し色を使っても
非常に合いやすいです。

 

あなたがどんな雰囲気にしたいのか、
に合わせて差し色を選びましょう。

 

色には、それぞれあなたにもたらす
効果が変わりますからねw

 

 

でも、差し色がお部屋を侵食しすぎないように
注意しましょうね。

あくまでも、アクセントカラー。
お部屋の10%程度に抑えましょう。

 

差し色に関するカテゴリーはコチラから