ご自宅の地震対策は十分ですか?
日本に住んでいる以上、地震からは
逃げられません。

 

あなたの身に降りかかる前に
地震が起こっても怪我を防ぐ、
命を守る為の対策を今やりましょう。

 

特にガラス破片で足の裏を怪我したら
逃げ遅れますよ!

 

 

足をケガすると大変!

地震が起きた後、いざ避難しないと
いけない状況になった時に足の裏を
怪我してしまうと歩くことが困難に
なります。

 

ガラスの破片が傷口に残ってしまうと
電気がなく暗い状況の中では応急処置も
難しくなります。

 

歩く、逃げる為に足は重要ですので
怪我をしない対策はしっかりしましょう。

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

ガラスが割れないように対策する

家の中でも特に割れ物やガラスが多いのは
食器戸棚でしょう。

 

①食器棚が倒れない対策をとる

まずは食器戸棚自身が倒れないように
耐震用の突っ張り棒やL字金具などで
壁と固定しましょう。

【地震の備えは大丈夫?】形状別の有効な家具の固定方法

 

お鍋類やお米など重量物は下の引き出しに
収納して重心を下に下に持っていくのも
倒れない為の対策です。

 

 

②食器やグラスが出てこない対策をとる

食器戸棚本体が倒れてこなくても
揺れで食器戸棚の扉が開いてしまうと
中の割れ物が出てきて割れてしまいます。

 

食器戸棚の扉や引き出しが開かない工夫を
しておきましょう。

 

耐震ラッチを取り付ける

ご自宅の食器戸棚が開き扉なら
揺れが起こると開閉がロックされる
耐震ラッチを取り付けましょう。

 

後付けできる耐震ラッチも販売されて
いますので、この機会に取り付けましょう。

 

また、パモウナや綾野製作所と言った
大手ブランドは最初から耐震ラッチが
付いています。
食器戸棚を新しく選ぶ際は、地震対策が
取られているかも判断材料になりますね!

【もう家具屋さんに騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

 

 

引き戸タイプの食器棚を選ぶ

開くタイプの扉が揺れによって
開きやすいので、手前に開く扉の
食器戸棚を選ぶのではなく、
引き戸タイプの食器戸棚を選びましょう。

 

 

すでに購入している食器戸棚の扉を
変えることは難しいですが、
これから新しく買い換えようと
考えているのであれば購入前の
判断材料にできますよ!

 

 

最後に

食器戸棚の中身は割れやすいものが多く
また、重量のあるものも多いです。

 

揺れによって食器やグラスが割れて
床に散らばってしまうと避難の妨げにも
なりますし、ケガの元です。
十分に気を配る必要があります。

 

他にも、地震などの災害が起こった時の為に
避難する準備はできていますか?

 

もしもの災害は他人事ではありません。
しっかりと災害対策をして生き延びる為の
準備をしましょう。

 

形から入る我が家では、まず防災グッズを揃えました!