初めて一人暮らしをする時や
引越しして部屋の環境が変わる時に
まず気になるのがインテリアですよね。

 

家具のレイアウトだったり、
どんな色合いにするのか
考えるだけでも楽しいものです。

 

でも、調子に乗って色々買ってしまうと
「やっぱりコレ必要なかった…」
「大きすぎて邪魔」など
後悔のタネにもなってしまいます。

 

今回は、一人暮らし生活での家具で
必要なものについてご紹介します。
個人的な経験と意見を結構含んでます(汗

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

一人暮らしに必要な家具

個人的に絶対に必要だと考える
家具は以下の通りです。

  1. テレビ台
  2. テーブル
  3. 収納家具
  4. ベッド

 

一つずつ理由を説明していきますね!

 

テレビ台

その名の通り、テレビを置く台です。
テレビを床に置いている友人も
沢山いるんですが、みんなに共通する
のが「見栄えが悪い」という点です。

 

テレビだけではなくDVD機器なども
一緒に置く際に、テレビ本体を含め
それらの機器を床に置いてしまうと
黒いコードが見えてしまいます。

 

 

最近では、コードをまとめる
便利グッズも販売されていますが、
どうしてもコードは見えてしまうものです。

 

テレビ台があるとコードを
裏に隠すことができます。
もちろん、便利グッズで
まとめた上で隠すことができれば完璧です!

 

また、床にテレビを置くと
本体やコードにホコリが絡まってしまい
掃除が非常にやりづらいです。
どれだけ清潔にしていても
毎日ホコリは積もっていきます。

 

テレビ台があれば、台の上を
クイックルワイパーなどで
サッと拭き取れます。
しかし、コードが床にグチャグチャに
なっていると掃除はやりづらく、
掃除するのも億劫になってしまいます。

 

 

用意するテレビ台は、
テレビ台として販売されているもの
でなくても構いません。
カラーボックスで代用したり
細長いリビングテーブルで
代用しても大丈夫です。
(重さに耐えられるか要注意)

 

床にテレビを置かない、
コードが隠せる、の2点が
解決するテレビ台を用意しましょう。

 

 

テーブル

この場合のテーブルは、
椅子に座って使うダイニングテーブルでも、
床に置いて使うリビングテーブルでも
構いません。

 

 

とにかく、床に食べ物を置きながら
食事をするという行為は避けましょう。
床から30センチほどの高さには
ホコリが滞留しやすいので衛生上良くありません。

 

また、昔は実家から送られてきた
みかんの段ボール箱を使って生活する、
という光景がありました。
でも、できればそれも避けましょう。

 

テーブルがあれば、何か必要な書類を
記入する際にも非常に役に立ちます。
床に紙を置いてきつい姿勢で
大事なものを書くのは避けたいですね。

 

 

収納家具

収納家具というとざっくりしていますが、
細かく言うとこちらです。

 

  • 食器を収納する家具
  • 衣類を収納する家具
  • 生活雑貨を収納する家具

 

住んでいるお部屋によっては
クローゼットや押し入れなど、
最初から収納がある部屋も珍しくありません。

 

それで代用できるのであれば
必要ありませんが、
「食器」「衣類」「生活雑貨」を
収納するスペースは必要です。

 

クローゼットはハンガーをかける
ポールはあっても、
畳んでなおす衣類などを
収納するスペースはついてません。
別で引き出しタイプの収納を準備しましょう。

 

また、生活雑貨は綿棒や爪切りと
いった雑貨から、保険証や年金手帳など
大事なものも指します。

 

目に触れるとゴチャゴチャして
見えたり、管理上良くありませんので
収納して見えないようにしましょう。

 

テレビ台に収納が付いているタイプを
選ぶと便利ですよ!

 

最近流行りのクラフトボックスは
クローゼット内に収納しても良いですし、
インテリアの一つとして
壁際に置いていてもオシャレです。
1つで置くより3〜4個置くと
より綺麗に決まります!

 

 

ベッド

敷布団で毎日押し入れに
出し入れするのはオススメしません。
しんどいからです。

 

どうしても置くスペースがないので
あれば仕方ないですが、
ベッドは生活をする上で必要です。

 

個人的な意見ですが、敷布団より
ベッドで寝たほうが絶対体に良いと思ってます。
睡眠時の腰痛を改善!スポーツ選手も愛用するマットレスの選び方

 

ソファをベッド代わりにしようとか、
ソファベッドを買えばいいじゃん、
という発想もオススメしません。

 

この件については長くなりますので、別の記事にまとめました!
一人暮らしでソファベッドを置かない方が良い理由

 

 

最後に

個人的な意見でしたが、これからの
お部屋づくりの参考にしていただければ
幸いです。

 

自分が一人暮らしをして
必要だった家具や、
友人の家に行って
「コレ失敗してるやろ…」という
感想を含めて書きました。

 

逆に言うと、ここで紹介していない家具は
絶対に必要ではないと言えるかもしれません。

 

どうしても部屋のスペースは限られます。
毎日過ごす大切な空間ですので
快適に暮らしましょうね!