暑い…ジメジメする…寝れない
寝れない…暑い…

こんな気持ちがループする熱帯夜。
嫌なものですよね?

 

夏の夜は、どうしても暑いです。
しかも、湿度が高い日はジメジメして
余計に眠れないもの。

 

今回は、熱帯夜でも快適に過ごすための
対策と上手に眠りに入る方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

熱帯夜は寝る前の準備が勝負

熱帯夜を快適に過ごすには
布団に入ってから眠りにつくまでの時間を
いかに短くできるかにかかっていると思います。

 

布団に入って眠れない時間が長くなればなるほど
熱帯夜への不快指数は高まっていきます。

 

nettaiya

 

不快なジメジメを感じる前に寝てしまえば
目が覚めると朝だった、と不快さを感じるヒマも
ありません。

 

というわけで、熱帯夜に快適に寝るためには
布団に入ってすぐ寝ることが必要です。

 

 

お風呂に浸かろう

人間のカラダは温められると
汗をかいて体温を下げます。

 

実は、
人間のカラダは体温が下がったときに
眠気を感じるようにできています。

 

 

その原理は、お風呂で実現できます。

 

shutterstock_150109757

 

お風呂に浸かることで、体温は上げられ
その後、体温は下がります。
この時に眠気が襲ってきます。

 

お風呂から上がって、部屋着に着替えて
ソファでボーッとし始めた頃が眠気が
襲ってくる時間帯です。

 

その時に、布団に入って寝るようにしましょう!

 

元販売員・ちよの一言
シャワーでは、あまり意味がありません。

 

ベッドを快適に準備しておく

カラダが寝る準備ができた時に
布団に入るのが良いのですが、

 

布団に寝転がっても寝室が蒸し暑かったり、
ベッドに熱がこもっていたら
せっかくの眠気も冷めてしまいます。

 

いかにすぐ寝るかが大事です。

 

すぐに寝るために、寝室を快適に
寝れるように準備しておきましょう。

 

 

クーラーで部屋を冷やしておく

お風呂の後に眠くなって寝室に入った時
お部屋がひんやり冷えてたら快適ですよねw

 

img

 

そのままゴロンすれば、一気に眠りに
つけるはずです。

 

お風呂に入る前くらいから寝室を
冷やしておけば、ちょうど部屋が
ひんやりした頃に眠気が襲ってくるはずですw

 

 

ひんやりシートを使う

クーラーが苦手という方や、節電したい方は
対策グッズをうまく活用しましょう。

 

最近では、ひんやりシートという名前で
たくさんの冷感グッズが販売されています。

 

150428_sec_03_item_01_01

 

これをベッドの上に敷くことで
寝床がひんやりと感じられ、熱帯夜でも快適です。

 

お風呂効果で眠くなったあなたは
一気に眠りにつけることでしょう。

 

 

まとめ

熱帯夜を乗り切るには、
いかにすぐ寝るかが大事です。

 

眠気を感じた瞬間に寝れるように
あらかじめ準備が必要です。

 

  1. 寝室を快適に準備しておく。(クーラーで冷やす)
  2. お風呂に浸かって、眠気を誘う
  3. 快適に準備したベッドですぐ寝る

 

寝れない時間が長くなるほど、
湿気や暑さを感じてしまって
不快指数は高まる一方です。

 

それから、裸で寝ると余計に寝れないですよ!

快適な眠り

 

夏の夜は、いかにすぐ眠りにつくか
を最優先して下準備をしっかりしましょうね!

 

熱帯夜対策にコチラの記事もどうぞ!