暑い日が続きますね。
ほんと寝てても立ってても暑い。

そんな時にカラダのある部分を冷やすと
体じゅうの熱が下がることを
今回はご紹介します。

 

クーラーでキンキンにお部屋を冷やして
寝るのも気持ちいいですが、冷えすぎると
体調を壊してしまいがち。

 

できれば、寝てる時はクーラーをつけっ放しで
寝たくはないですよね。

 

でも、暑い!

 

そんな時は、アイスノンを使って
ココを冷やしましょう!

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

血液を冷やすことで体温が下がる

ドクンドクンと休むことなく心臓は脈打ち
体中を血液が巡ります。

 

この血液をうまく冷やすことができれば
冷たい血液が体中を流れますので
体温を下げることができます。

 

 

冷やすべき場所

体の表面に血管が多い部位を冷やすのが
一番です。

 

具体的には以下の3つを冷やしましょう。

 

①脇の下

熱をはかるときに体温計を挟む場所ですね。

o0214031113114382709

 

寝る前だけでなく、熱中症予防のために
外出先で冷やすのも効果的です。

 

でも、寝ながらアイスノンで冷やすのは
ちょっと無理な体勢なので
冷やすなら、ケーキの保冷剤など小さめのものを
タオルに巻いて使うといいですね!

 

実際に、我が子は夜な夜な保冷剤を
冷凍庫から取り出してタオルに巻き
脇を冷やしていますw

 

元販売員・ちよの一言
教えてもないのに
本能で冷やす場所を
知ってたんですかね(笑

 

 

②首の横から後ろ

首は脈拍を測るために抑える部位です。
それくらい血管が皮膚に近いわけです。

 

6391-1399833433-3

アイスノンは元々、枕として使いますよね?

 

でも、体を効率的に冷やすには
後頭部を冷やすのではなく
アイスノンを少し下にさげて
首の後ろ部分が冷えるようにすると
効果的に体温を下げることができます。

BCF3C4CB1

 

首元用のアイスノンも販売されてます。

 

③太もも付け根の内側

脇の下と同様に熱中症予防にも
効果的な部位です。

 

202320-img600

抱き枕のように股の下に挟めば
気持ちよく寝れることでしょうw

 

抱き枕は、横向きの姿勢で寝る時に
腰痛を緩和する効果もあります。

 

元販売員・ちよの一言
腰痛持ちの僕は抱き枕が
手放せません(汗

 

まとめ

眠れない夜はアイスノンで以下の部位を
冷やしましょう。

  • 脇の下
  • 太ももの付け根の内側
  • 首の横から後ろ
  • 太もも

 

リンパや血液が集まっている部位が
体を冷やすのに最適な部位です。

 

しかし注意してください!
アイスノンはタオルに巻きましょう。

 

何も巻かないまま使用すると
体を冷やしすぎることになってしまいます。

 

熱帯夜は日本に住む上では
切っても切れないものです。
うまく付き合って、健康に過ごしましょう!

 

熱帯夜対策にコチラの記事もどうぞ!