北欧インテリアが好きなあなた!
部屋を北欧風にアレンジしたいあなた!
今回の記事では、こんなことが書いてます。

 

  • 北欧ってどんなところ?
  • こうして北欧インテリアは生まれた
  • 北欧インテリアはこうやって作ろう
  • 家具の選び方
  • ファブリックの選び方
  • 照明の選び方
  • オススメの北欧ショップ

 

北欧インテリアを実現したい!
という意気込みを現実に変えるべく
北欧インテリアの背景から選び方まで
ご説明していきます。

61453_original

 

北欧インテリアの特徴

北欧ってどんなところ?

北欧って聞くとヨーロッパの北のほう
ということは分かります。

実際にどこかというと、下記の5カ国3地域が
北欧理事会に加盟しており北欧諸国とされます。

  • スウェーデン
  • デンマーク
  • グリーンランド
  • フェロー諸島
  • ノルウェー
  • フィンランド
  • オーランド諸島
  • アイスランド

このうち、スウェーデン・デンマーク
・ノルウェーはスカンジナヴィアとも
呼ばれます。

fjord-984130_640

北欧の「欧」はヨーロッパを意味しますが、
北ヨーロッパと北欧の文字の意味の違いは
明確にはないそうな。

 

気候・天候

北欧地域は日本と同様に四季があります。
しかし、日本よりも気温は低いので寒いです。
日本の晩秋から初夏までの気温が続くような
イメージですかね。

ちなみに、8月の最高気温は21度くらいで
2月の最高気温は−1度ほどなので、東京と
比べると寒いですね(笑

 

そして北欧の気候で有名な現象が
太陽が沈まない「白夜」と
太陽が昇ってこない「極夜」です。

北欧に旅行に行くと昼と夜の感覚が
バカになってしまいます(経験談)

なんと12月は午前9時頃に日の出があり
お昼の3時頃には太陽が沈みます。
冬は太陽が恋しくなりますね…

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

だから北欧インテリアは生まれた

北欧インテリアの特徴は北欧の気候で
過ごすことを考えてみると理解できます。

 

北欧の気候が作ったインテリア

太陽が出ない時期があるからこそ
北欧インテリアは育まれました。

日本や他の国と比べても外が暗いので
家の中で過ごす時間が圧倒的に長いです。

真冬は夕暮れ時の15時頃から家の中で
過ごすことになります。外は寒いしね。

fallow-deer-984573_640

すると、北欧の人々は家の中での時間を
有意義に過ごそうと考えるようになりました。

どうせ家で過ごす時間が長いなら…と
家具やインテリアで心地よく過ごす為、
そして飽きのこないデザインが多くなったんですね。

また、日照時間が短いことから照明も
インテリアの重要な要素となったそうです。

 

元販売員・ちよの一言
だから北欧インテリアは
機能性が豊かで
シンプルなデザインの
家具が多いんですね〜。

 

北欧家具は、木のぬくもりを感じられ
つい触ってみたくなるようなデザインが
多いのが特徴的です。納得ですね。

 

 

ワークライフバランスがヤバい

社畜の僕にとってはものすごく
うらやましい文化です…。

北欧って生活と仕事が調和してます。
まず働く環境が日本とは全く異なります。

 

日本もこうならないかな…

週40時間労働(週休2日で1日8時間労働)
という部分は日本と変わりませんが、
「残業」という概念がありませんので
定時が来たら自分の時間が待ってます。

また、5週間近い有給休暇の取得が
法律で義務づけられてるそうです。

 

男も育休バンバン取れるってよ

スウェーデンでは、専業主婦率が約2%と
めちゃくちゃ少なく、男性の育休取得率は
約8割と高いです。

 

日本にもワークライフバランスの考えが
広まってきたとはいえ、北欧諸国と
比較するとまだまだなんですね。

 

 

インテリア・雑貨以外の北欧の有名なもの

家具・インテリア以外にも北欧では
有名なものが沢山あります。

 

食べもの

日本でも馴染みの深い食べものから
そんなん食うの!?というものまで
多様です。

 

サーモン

僕がパッと思いつくのが「サーモン」
個人的にサーモンが好きなこともあり、
IKEAに行くと毎回食べてます(笑

 

トナカイ

フィンランドではトナカイ肉を食べるそうです。

日本人からするとトナカイはサンタさんが
プレゼントを運ぶのを手伝う動物です。
でも現地では食っちゃうんですね…汗

 

コーヒーブレイク

北欧、特にフィンランドはコーヒーの
消費量が非常に多いことで有名です。

そのフィンランドでは国として
1日15分のコーヒータイムが保証されてます。
うらやましいっ!!

 

ムーミン

フィンランドはムーミンの生まれ故郷。
現地ではムーミンゆかりの地の
ガイドツアーなども盛んですよ。

キャラクターではないですが、「レゴ」は
デンマークのオモチャです。

お部屋にムーミンのお皿や時計、照明など
置くだけで北欧インテリアに近づきますね!

 

オーロラ

まさに宇宙が生んだ絶景です。

冬のスウェーデンなどではオーロラ観測の
ためのツアーが組まれてます。

生きてるうちに一度は見てみたいけど、
鼻水凍るほど寒いのはいやだなぁ…泣

aurora-1185464_640

北欧には大自然が生んだ絶景が他にも
紹介しきれないほどいっぱいありますよ。

 

元販売員・ちよの一言
知れば知るほど
北欧って魅力的ですね!

 

次ページ:北欧インテリアの作り方