座ったまま椅子を引いてしまって
うっかり床に傷が付いてしまった…

なんて経験ありませんか?
僕は何度も失敗して、その度怒られてます(汗

そんな中でフェルト選びの答えを
見つけました!

 

賃貸物件でも、分譲住宅でも
自分の家は綺麗に保ちたいというのが
インテリア好きの方の本能です。

 

やっぱり床の傷は無いにこしたことはありません。

 

今回は、【フローリングの傷防止】家具に付けるフェルトはコレを選べ!
についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

フローリングを守るための手段

家具からフローリングを守るには
次の手段が有効です。

 

  1. フローリングをラグなどで守る
  2. 家具にフェルトをつけて守る

 

ラグで守る方法に関しては
別の記事でご紹介するとして

 

もっとも簡単にフローリングを守る方法は
フローリングとの接地面にフェルトを付ける
ことです。

20120205_01

 

しかし、
フェルトにもたくさんの種類が
あるので、どれを選んだらいいのか
迷ってしまいますよねw

 

192555169-r1

特に今回はイスに付けることを
メインとしてご紹介いたします。

 

傷防止フェルトの種類

形や素材も様々あります。
どれを選ぶべきなのでしょうか?

 

貼るタイプ

一番リーズナブルで簡単に
傷を防ぐことができる手段です。

 

 

メリット

  • 四角・丸など家具の形に合わせて選べる
  • 自分でカットするタイプがある
  • 貼るだけなので取り付け・張り替えが容易
  • 見た目がスッキリする

 

デメリット

  • 椅子などの脚先が細い場合は取り付けできない
  • 椅子など動かすものに貼ると剥がれやすい

 

貼るタイプの中にも、硬いタイプ・柔らかいタイプが
ありますので選ぶ際はコチラの記事を参考に
してくださいね。

images (7)

 

靴下タイプ

用途は限られますが、靴下のように
家具に履かせて傷を防止する方法もあります。

 

メリット

  • 貼るタイプより剥がれにくい

 

デメリット

  • 見た目が恐ろしくダサい
  • 脚がある家具にしか取り付けできない

 

素敵インテリアを目指すなら
あまりオススメしません。

見た目がよろしくないです。
(あくまで個人的な意見ですが…)

imgace0e104zik4zj

 

 

打ち込むタイプ

家具に金具で固定するタイプです。

k1779650544

 

メリット

  • 剥がれにくい
  • 見た目がスッキリする

 

デメリット

  • 金具を打ち込むため家具を傷つける
  • 取り付けに手間がかかる
  • 取り替える時、さらに家具に傷がつく

 

フェルト部分はすり減ります。
したがって定期的に付け直す必要があります。
その度に、家具に穴が開きますので
オススメしません。

動かす機会の少ない家具に取り付けるなら
アリですね!

d0a9c7a3

 

 

まとめ

以上のことから、僕の個人的な意見では
圧倒的に貼り付けタイプのフェルトを
オススメします。

 

 

フェルトは消耗品です。
一度貼っただけでほっといていいものでは
ないのです。

 

貼り付けタイプにも
色々と選ぶべき注意点がありますので
次はこちらの記事をご覧ください。