リビングルームに寛ぐの空間を作るのに、ソファは外すことのできないマストアイテムです。しかし、ソファは大型家具でもあるので、意外とスペースを使ってしまいますよね。

 

けれども、レイアウト次第でお部屋を広く見える演出が出来ます!今回は、ソファを置く時の注意すべき3つのコツをご紹介します。

 

ソファの色で見え方が変わる?

お部屋を広く見せたい場合は、ソファの色を「ベージュ」や「薄い緑」などの『中間色』を選ぶようにしましょう。

 

『中間色』とは赤や青などの純色に、灰色を混ぜた色を指します。ニュアンスで言うと「トーンの低い」色のことです。中間色は圧迫感を抑え、馴染みやすい色彩なので部屋を広く見せれることができます。

 

色にこだわりがない人は、部屋の壁と同色のソファを置くのをおすすめします。部屋に違和感なく馴染むので、スッキリした空間になりますよ。

 

最近のソファは、本体とカバーの取外しができる製品が増えてきています。カバーを別売にしているソファもあるので、色の違うカバーを買っておけば、気分次第でコーディネートを簡単に変えれることができます。

 

さらに、生地によっては家庭用洗濯機で洗える素材もあるので、常に清潔な状態で使うこともできますよ!

 

ソファの高さを抑えて圧迫感を減らす!

ソファを置く場合は、脚のない「ロータイプソファ」か、脚の取り外しができるタイプを選びましょう。ソファに限らず、スペースを多く取る大型家具をレイアウトする際は、背の低いモノを選ぶことで部屋の上部に空間ができ、部屋が広く見える視覚効果が生じます。

ソファの場合は、脚の有無で約1020cm程度高さが変わるので、空間の印象がだいぶ変わりますよ。

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

ソファは部屋のどこに置くべき?

ソファの背面が、壁側にくるように置くのがベストです。できるだけ出入り口に近い場所に置きましょう。

 

部屋を広く見せたい場合、ソファの背面には極力スペースを作らないようにしましょう。背面にスペースを作ることは、ソファを際立たせる演出効果はありますが、その分無駄なスペースを使ってしまいます。

 

部屋を広く見せることを最優先するのなら、壁にドンづけするのが1番無難ですね!今回ご紹介した3つのコツを活かして、ソファのコーディネートを楽しみましょう!