他のブログやサイトでは
一人暮らし生活にはロフトベッドや
折り畳みベッドなど色々なベッドが
オススメだと紹介されています。

 

あなたがオシャレな部屋にしたいと
思うなら「脚付マットレス」が最適です。

 

僕の持論ですが、あえて断言します。
脚付マットレスを選びましょう!

 

ロフトベッドでも、折り畳みベッドでも、
ソファベッドでもありません。
脚付マットレスがベッドの選び方として
良い理由をご紹介します。

※個人的な意見ですので、あくまでも参考程度に読んでくださいね(笑

 

 

脚付マットレスをオススメする理由

脚付マットレスがシンプルでシーツなど
によるアレンジが可能だからです。

 

これは他のベッドではできないことなんです。
ロフトベッドではロフト自体が邪魔になり
マットレス本体は見えません。

 

折り畳みベッドは誰かを呼んだ時は
畳んでしまうので見た目的にオシャレと
離れてしまいます。

 

ソファベッドはそれ自体が完成品なので
シーツの色柄でアレンジすることはできません。

 

こう考えると、脚付マットレスは
ソファ風にもできるし、
頭の部分にヘッドボードをDIYして
自分なりにアレンジもできますし、
色柄モノでシーツを飾れば
ベッドに見えないほど
オシャレに飾ることができるんです。

 

脚付マットレス一台で何役もできるのが魅力ですよ!

 

また、お部屋のスペースをとる
ベッドの高さが低いので、お部屋も
広く見せることができます。

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

 

脚付マットレスの実例

ベッドカバーに家具と同じダークブラウンを
取り入れて部屋全体の統一感を演出していますね。

 

ワンポイントとして観葉植物のグリーンを
置くことでオシャレ度もアップします。

 

 

全体の高さが低いので圧迫感も感じない

壁際に置けばベッドの上で
くつろぎの時間を過ごすこともできます。
お盆などトレーの上に飲み物や軽食を
乗せて読書にフケるのもいいですね!
(こぼして汚さないように注意!)

 

 

マットレスの下が収納スペースになる

マクラとは別にクッションを置けば
ソファ代わりにもなります。
クッションカバーの色を季節ごとに
変えるとオシャレ度もアップします。

 

ソファベッドを置くと
ソファ→ベッド・ベッド→ソファ
に変える手間がかかります。

 

あえてベッドをソファ代わりに
することでお部屋の無駄を省くことができます。

 

 

脚付マットレスは、ベッド下に
収納スペースを設けることもできます。
同じ種類で揃えればインテリアも
邪魔せず、むしろオシャレに映りますね!

 

ベッドを買い換えることなく
収納ケースを置く・置かないと言う
選択ができる点が魅力的です!

 

 

サイズはシングル?セミダブル?

こんな方にはセミダブルがオススメ

寝心地を重視するのであれば、
一人暮らしであってもセミダブルを選びましょう。

 

シングルと比べると約20センチの
大きさの差ですが、実際に寝てみると
20センチ広くなるだけなのに寝心地は
かなり良くなります。

 

内部の構造は同じでも、体を包む
面積が広くなるので寝心地が良くなります。

 

  • 寝心地重視の方
  • お部屋のスペースに余裕のある方
  • 体格の大きい方
  • 彼氏・彼女と寝る機会のある方

このような方にはセミダブルサイズの
マットレスがオススメです。

 

 

かけ布団はシングルにしよう!

ただ、かけ布団のサイズは
シングルサイズにした方が良いです。

 

なぜなら、かけ布団はマットレスよりも
幅が大きく出来ています。

 

セミダブルのマットレスに
セミダブルのかけ布団を掛けると、
マットレスの左右からかけ布団が
かなり垂れ下がってしまい
見た目が良くありません。

 

一人で寝るのであればシングスサイズの
かけ布団で十分ですし、見た目もスッキリします。

 

 

こんな人にはシングルサイズがオススメ

シングルサイズは幅が約100センチ弱です
(97センチが多い)。

 

お部屋のスペースを取りたくない方や
広々と使いたい方、女性一人のお部屋
であればシングルサイズでも
十分快適に過ごすことができるでしょう。

 

 

最後に

お部屋をオシャレに見せるには
「脚付マットレス」が一番です。

 

他のベッドの形にはないシンプルさで、
あなたなりのお部屋を作ることができます。

 

あくまでもオシャレにこだわる
のであればロフトベッドやソファベッド、
折り畳みベッドではなく
脚付マットレスを選びましょう!