フローリングを掃除する際に、
あなたは何から手をつけますか?
掃除機をかける方もいれば、
クイックルワイパーでサッと拭く方
もいらっしゃるでしょう。

 

実は、フローリング掃除には拭く順番
があって、それを守らないと逆効果に
なってしまうこともあるんです。

 

  1. クイックルワイパーなどでホコリを取る
  2. 水ぶきをする
  3. 掃除機をかける

この順番でフローリング掃除をしないと
結局床のホコリが取れていなかったり、
床を傷つけてしまう可能性があるんです。

 

今回は、フローリング掃除の順番
についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

 

なぜ、掃除機は最後なの?

床掃除をするなら、まずは掃除機をかける、
という方も多いとおもいます。
僕も以前は、とりあえず掃除機をかければ
フローリング掃除は終わりって思ってました。

 

でも、掃除機を最初にかけてしまうと
掃除機の吐き出す空気でホコリが
舞い上がってしまうんです。

 

そのため、吸い取りきれなかった
ホコリが掃除機をかけ終わった後に
床にまた降りてきてしまいます。

 

掃除機をかけたのに足の裏が
ザラザラするのはそのせいかもしれません。

 

いきなり雑巾掛けもダメ

ホコリが床に落ちている状態で
水ぶきをしてしまうと濡れたホコリは
床にこびりついてしまいます。

 

そして床が乾いた頃に今まで通りの
ホコリとなって蘇ってきます。

 

 

最初はワイパーでホコリを取る

床掃除を始める際は、
クイックルワイパーなどのワイパーで
床の上のホコリを絡めとりましょう。

 

ホコリを舞い上げることなく
ホコリを取ることができるので効果的です。

 

普段のフローリング掃除で時短のため、
簡単に済ませたい、という場合は
ワイパーをかけるだけでも良いでしょう。

 

 

次に水拭き

2番目は雑巾で水ぶきです。
水ぶきをする理由は、足の裏から出て
床に付いた皮脂や食べ物汚れを落とすためです。

 

特に暑くなる夏場などは裸足で過ごすことが
増えるため、床がベトつきがちです。

 

皮脂は油汚れなので水拭きでは落ちません。

 

油汚れがひどい場合は、
少量の中性洗剤を水に混ぜて拭くと
油汚れも落としやすくなりますよ!

 

バケツの水一杯に洗剤小さじ1杯程度の
少量で十分です。
また、雑巾はかたく絞ることもお忘れなく。

 

 

最後に掃除機で仕上げ

フローリング掃除の仕上げに掃除機をかけましょう。

 

ワイパーと水拭きで表面の汚れを
取った後に最後の仕上げとして
舞い落ちてきたホコリや
床にこびりついたホコリを
吸い取ってあげましょう。

 

掃除機にはワイパーでは取りきれない
床の溝のホコリも吸い取る役目があるので、
溝の方向に掃除機をかけるのがコツです。

 

掃除機をかけている時点で
床がサラサラになっているのを感じるはずです。

 

 

 

ワイパーには乾拭きタイプと
水拭きタイプ、ワックス用など
様々なタイプがあります。

 

本体は一つだけで、モップ部分に
付けるシートの種類によって効果を
変えることができますので
一家に一台はフローリングワイパーが
あると非常に便利です。

 

まだお持ちでない方はこの機会に
揃えてみてはいかがでしょうか?