はぁ〜…今夜もなんだか眠れないなぁ…。

どうやったらグッスリ眠れるんだろう。

考えれば考えるほど眠れなくなっていく。

そんな夜を過ごしたことはありませんか?

 

本当に夜ぐっすりと寝るためには、寝る前

の行動を改めるだけではも意味が無いこと

を知っていましたか?

 

布団に入ったらすぐに寝付ける体にする方法を

まとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

眠るために起きることが必要!

当たり前だろっ!

というツッコミが飛んできそうですねw

 

でも、本当なんです。

起きた時から眠るための準備は始まっています。

 

なんだか哲学的ですが、

人間は寝るために起きています。

 

 

今この世で生きているあなたは、1日を24時間で

過ごしていることでしょう。

 

しかし、あなたの体のリズムは25時間周期で

巡っています。

 

つまり、体が何も考えずに生きていると

1日1時間ずつ体内時計がズレていくことになります。

 

それをリセットして24時間周期に修正してくれるのが

「朝」なんです。

 

朝起きることで体はリセットされ、寝るための行動を

始めるんですね。

 

 

すると起床した後、およそ14時間後に「眠たいな〜」

という眠気を促すメラトニンというホルモンが

分泌され始め、実際に寝る頃に最高値に達します。

 

朝8時に起きたら、夜10時頃に眠くなる計算。

(小学生のような生活が理想だったんですね…)

 

ともかく、

体内時計を毎朝リセットして、日中を過ごすこと

毎晩の浅い眠りを改善し、よく眠る方法なんです!

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

実際に体内時計をリセットするには?

それでは実際に眠りを良くするために

どのように起きて、日中を過ごせば良いのでしょうか?

 

順番に挙げていきますね。

 

①カーテンを開けて太陽の光を浴びましょう

朝日が体内時計をリセットするには一番です。

曇っていても、雨が降っていてもカーテンを

まずは開けましょう。

 

どうしても起きれないという貴方は

タイマー機能が付いている照明をオススメします。

自分が起きたい時間に合わせて明かりが強くなるので

太陽光が昇っているような感覚で目覚めることができます。

 

②適度な運動をしましょう

寝る前にストレッチをすると

寝つきがよくなるという話を聞いたことが

あるでしょうか?

 

適度な疲れもよく眠るための

良い薬となり得るものです。

 

しかし、運動をしすぎて

逆に寝る前に目が覚めてしまうことも

ありますので注意が必要ですwww

 

 

③朝ごはんを食べましょう

朝食がなかなか食べられない…。

 

実は僕もそうでした。

でも、はじめは無理にでも朝食を

食べたことで夜の寝つきがガラッと変わりました。

 

朝の食事は血糖値を上げ脳を目覚めさせるとともに

体に「朝」を伝える働きをしてくれます。

 

朝食を摂ると、自然とお昼にはお腹が空き

夜も決まった時間にお腹が空くようになります。

 

朝食をとって、体が「朝」を感じるということは

夜の「眠り」に向かっていることにもなります。

朝食を食べよう

 

 

④お風呂で温まろう

「寝るな!寝たら死ぬぞ!」という映画の

セリフを聞いたことがありますよね?

 

あれは体温が下がることで猛烈な眠気に襲われている

ことを表しています。

 

つまり、人間は体温が下がると眠くなります。

 

でも実生活で寒いまま寝たら風邪を引きますよね?

そうならないためにも、お風呂に入りましょう。

 

 

なんで、逆に温めるの?

と思ったあなたはスルドイ!!

 

実は、人間の体は温まると、熱を持ちすぎた体を

冷まそうとする働きがあります。

 

サウナで汗をかくのも、体を冷やそうとしているから。

 

つまり、お風呂に入って体をじんわり温めることで

お風呂上りに体温は下がり始めます。

すると、雪山のごとく、あなたを眠気が襲いますw

 

そのタイミングで寝ましょう!

 

わかります。

お風呂なんかゆっくり浸かってらんないですよね?

でも、やってみてください、本当に眠くなりますから!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

眠る直前にアレコレ頑張っても

逆に寝ようと焦ってしまって眠れないことは

多いです。

 

寝る直前ではなく、起きてからすでに

寝るための準備は始まっています。

 

まずは明日の「朝」をカーテンを開けて

太陽の光を浴びることから始めましょう。

 

すると、仕事終わりにお風呂に入った後は

自然と眠気が襲ってくるはずです。

 

 

かくゆう僕も、先ほどお風呂から上がったので

マブタが重くて仕方がありません…笑

 

おやすみなさい…zzz