良いマットレスを買ったはずなのに
起きたら腰が痛い…。
起きるたびに腰がズレてる気がする…。

 

それ改善しましょ!

 

なぜなら、僕も腰痛持ちだからです。

 

朝起きると、腰が固まってしばらく
起き上がることができない日々を過ごしました。

 

しかし、今では腰痛は完治してませんが
朝なんとか起きることができています。

 

それは、マットレスを改善したからでした。

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

腰が痛くなるのは「朝」

息子が生まれて早6年。
赤ちゃんの時から息子のことが
大好きだった僕は毎日のように
息子を抱っこしていました。

 

抱っこしていた姿勢が腰に負担を
かけていたようで…僕は椎間板ヘルニアと
診断されました…。(腰弱っ!!)

 

それからというもの、長時間同じ姿勢で
過ごすと腰が固まってしまい動かなくなります。

 

同じような境遇の方がこの記事を
読んでいてくださると励みになります(笑

 

そして、僕は気づきました。
1日の中で、最も腰が痛いのは「朝」だと。

 

一日の中で、長時間同じような姿勢で過ごす
のは就寝時間なんです。
そこから起き上がる朝は、体も固まっているし
腰はそれ以上に固まっています。

 

その寝姿勢を改善できれば
朝の腰の状態も改善できると思いました。

 

スポーツ選手がマットレスのCMに
よく出ているのは「睡眠の姿勢」が
大事だと選手本人も自覚しているからに
他なりません。

 

理想の寝姿勢とは?

人間は、まっすぐ立って
自然な状態で「起立」している状態のまま
ベッドに横たわるのが理想的な
寝姿勢なんです。

 

寝姿勢

 

かたいマットレスが体に良いと
よく言われますが、

 

硬い寝床は、体を横から見たときに
出っ張っているお尻を
ぎゅっと前に押し上げてしまいます。

 

すると、体が反った状態で寝ますので
腰に負担がかかってしまいます。

 

反対に、柔らかすぎるマットレスは
お尻が沈み、腰が曲がります。
すると、同様に腰に負担がかかり
ドンヨリとした痛みが腰をおそいます。

 

まっすぐな姿勢で寝るというのが
体には一番優しいのです。

 

 

マットレスの選び方

起立した姿勢は人それぞれ違います。
ですので、万人に合うマットレスは
ありません。

 

あなたに一番合うマットレスは
結局あなたが寝て試してみて
選ぶしかありません。

 

しかし、それではこの記事を書いた
意味がありませんよね(汗

 

ですので、あなたがマットレスを
選ぶ際の基準となるポイントを
以下にまとめます。

 

ポイント①布団の凹みが約4センチ

これは統計上の数値です。

(後述しますが)眠りで重要な寝返りが
一番打ちやすく理想的な回数に収まる
マットレスは約4センチの凹みである
ことがわかっています。

 

固すぎず、柔らかすぎず…ですね。

 

②寝返りが打ちやすい

寝返りを打つことは体の血流を
流してくれる重要な動きです。

 

柔らかすぎるマットレスだと
寝返りが打ちずらく、体に負荷が
かかり脳が起きてしまいます。

 

寝返りの数は減りますが、血が圧迫
されやすくなってしまいます。

 

③硬すぎると腰に負担大!

非常に重要ですね!!
硬いマットレスが体に良いとされて
おりましたが、全くの嘘です。

 

硬いマットレスは肩や腰など、横から見て
人間の体の出っ張りの部分に大きな負担が
かかります。

 

結果的に、その部分に体重が集中してしまい
血を流そうと寝返りが多くなります。

 

すると多すぎる寝返りにより
脳波は乱れ、睡眠サイクルが乱れます。
あなたの理想的な睡眠サイクルを知る方法公開中

 

「長い時間寝たのに眠った気がしない」
というのは、寝返りのせいかもしれません。

寝姿勢とは

 

まとめ

あなたの健康に直結する生活習慣。
それが睡眠です。

 

毎日、快適に過ごすことができれば
朝もスッキリ目覚められ、
夜もすんなり眠ることができます。

 

  1. マットレスの理想の凹みは4センチ
  2. 寝返りが打ちやすい
  3. 硬すぎたら体に悪い

マットレスの購入を検討されているので
あれば、上記の3点を特に注意して
必ず、お店で寝て・試して
買うようにしましょうね!!