あなたの部屋のベッドは何色の
カバーがかかっていますか?

その色次第で今晩の眠りが変わるかもしれません。

以前にも、「色」がもたらす心理効果
について書きました。

今回は、特に寝室(ベッドルーム)に
おいて色がもたらす心理効果を調べました。

人生の3分の1を何色と過ごす?

人間は、生きている時間の
約3分の1は睡眠にあてています。

睡眠は、1日の中で唯一といっていいほど
心と体をゆっくり休める時間です。

そんな大切な時間を眠りにそぐわない色と
過ごしてしまうと、人生の3分の1を
損して生きることとなってしまうのです。

そうならないためにも、寝室における
色の役割をこの記事でしっかりと理解しましょう。

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

寝室に使うべき色

色彩には、黒や赤や青や緑など
数え切れないほどの色の数があります。

 

その中でも、大きく分けると
「興奮色」「鎮静色」に分けることが
できます。

 

その二つのうち、心身をリラックスさせる
効果があるのは

 

もちろん「鎮静色」です。

 

その「鎮静色」とはどんな色でしょうか?

 

 

 

青・緑・ベージュ

熟睡の為には、まず刺激の強い色は
絶対に避けるべきです

 

人間は、特に青い色に包まれると
血圧が下がり瞬きの回数も減ります。

 

すると、体はだんだんと眠くなり
自然と熟睡することができます。

 

青い寝室

 

目に見えなくとも、肌で色を感じていることを
示す「ライトトーナス値」は
青・緑・ベージュが最もリラックスすることを
証明しています。

 

 

寝室に向かない色

一方で、リラックスするための寝室に
向かない色はどんな色でしょうか?

 

簡単に言うと、先ほどの鎮静色の反対。

 

「興奮色」です。

 

 

赤・オレンジ

赤やオレンジは人間を元気にする色です。

 

太陽の光、活発的な行動をイメージさせる
赤やオレンジは人間を興奮状態にする色です。

 

そんな色に囲まれて熟睡できないですよね…(汗

 

ちなみに赤い色でまとめた寝室はこんな感じ。

 

赤い寝室

 

お部屋の色合いとしては
すごくオシャレですよね?

 

でも、寝室だと考えると
すごく落ち着かない寝室だと思います。

 

なんかムラムラして変な意味で
興奮してしまいそうですね´д` ;

 

子作りは励むかも

 

 

実は淡いピンクが穴場

赤やオレンジは興奮色と言いましたが、
実は「淡いピンク」はその部類にはいりません。

 

「淡いピンク」は興奮色の要素も含みつつ
リラックスできる色なのです。

 

実際に、病院などでも壁紙やナース服にも
使用されている色で落ち着きや信頼を得られます。

 

そして、女性ホルモンを刺激し若返り効果が
一番あるのがこの「淡いピンク」なんです!

 

女性ホルモンを刺激しつつも、
ナース服のような印象が得られる…

子作りは励むかも

 

 

 

 

まとめ:淡いピンクが寝室に最適

総合的に見ると、淡いピンク
落ち着き・リラックス効果をもたらしながらも
体に張りを与え、若返り効果があるというので
寝室に最適な色ではないかと思います。

 

しかしながら、男性にとっては
「寝室がピンクじゃ嫌だなぁ〜」と
思われる方も多いはずです。

 

そんな時は、鎮静色の青や緑、ベージュで
寝室の色をまとめるようにしましょうね。

 

ちなみに、色を変えただけでは
本当の熟睡はできません。

 

枕やマットレス。起きる環境を整えてこそ
真の熟睡ができるのです。

 

次のページ
【寝室におすすめ】安眠できる
カーテンの色の選び方とは?

 

最近なんだか眠れてないなぁ〜と言う方は
↓↓ぜひコチラの記事もご覧くださいね↓↓