最近テレビなどのメディアで「睡眠負債」という言葉をよく耳にしますよね。睡眠不足はあなたの健康に直結する大事な問題です。睡眠負債の解消法を身につけて毎日を元気に過ごしましょう!

 

睡眠負債とは?

まずはじめに「睡眠負債」についてご存知ない方のために簡単におさらいしておきましょう。

 

「睡眠負債」とは、アメリカにおける睡眠のエキスパートたちが提唱する考え方で、
必要な睡眠時間に対する不足分、
すなわち忙しい毎日の睡眠不足が徐々に溜まっていった
マイナス分=負債のことをそう呼んでいます。
睡眠負債は、こまめに返済し、健康のためのバランスを保っていなければならない、
という考え方です。

京都西川HPより引用

つまり、日々の睡眠不足が「負債」となり、積もり積もって健康に悪影響と及ぼしてしまう!というものです。

 

睡眠負債が蓄積することによって、身体へ以下のような影響が出ると言われています。

  • 太りやすい
  • 怒りっぽい
  • 判断力低下
  • がん
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • アルツハイマー病
  • 心筋梗塞

※情報番組スッキリより引用

 

睡眠不足によって免疫力低下、脳内の老廃物蓄積を引き起こしてしまうようです。

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

昼寝や寝だめは効果的なの?

では、睡眠負債を返済していくために昼寝や寝だめは効果的なのでしょうか?

 

昼寝・シエスタは効果的!

お昼間に10分程度お昼寝をするだけで、頭が冴えて午後の時間をスッキリ過ごすことができます!

 

最近では公立高校でも昼寝の時間が採用されており、「午後の授業も集中して取り組めるようになった」という生徒の声も相次いでいるようです。

詳しくはコチラから
厚生労働省オススメ!仕事を効率化する効果的な昼寝のやり方

 

ただし、残念ながら睡眠負債を返済する根本的な解消というわけではなく、あくまでも一時的な「スッキリ」を促すもののようです。

 

寝だめは効果あるの?

睡眠負債の返済以前に「寝だめ」に睡眠不足解消の効果はない、と至る所で言われています。寝だめをするということは、いつもよりも遅く起きるということですよね。

 

朝の起きる時間を変えてしまうということは、生活のリズムを変えてしまうことになり、かえって睡眠不足を引き起こしてしまうと考えられます。

 

具体的には、朝起きる時間が遅くなり、その日の夜に眠れなくなる。ということが起こってしまいます。睡眠の質も低くなってしまうということです。

 

睡眠負債の解消方法とは?

7時間程度しっかり寝る、というのが睡眠負債を解消するための方法のようです。

 

7時間寝る暇なんてねぇよ!!!
という声が聞こえてきそうですね汗

 

7時間睡眠をとるような生活ができないという人は、睡眠の質を上げましょう!

 

睡眠の質をあげるためには、睡眠環境を整える必要があります。具体的には

  • 寝室の照明をリラックスできるものに見直す
  • ベッドのマットレスを見直す
  • 寝る前の生活を見直し寝やすい環境を作る

ということが重要です。

 

以下の記事も参考にしてくださいね!