安眠したい、熟睡したい。
良質な睡眠は誰もが望むものです。
ネットで調べると「寝室は青がいいよ」
と書かれているんですが、いまいち
その理由がハッキリしないので
代わりに調べてみました!

 

なぜ、青が良いのか!?

 

 

最近なんだか眠れない。
寝付けない。
そうだ、寝室の色が悪いんじゃないか。

 

そう思って寝室のカラーは何がいいのか
ネットで調べる方が増えています。
実際に、僕もネットで「寝室 安眠 色」
と検索したところ、
なんと161万件もヒットしました!

 

全てが「寝室 安眠 色」に関することでは
ないにしても睡眠関連のワードは数多くあり
それだけ悩む人も多いと言うことですね。

 

で、検索結果で出てきたサイトを見ると
どのサイトも「青系」が寝室には
適しているよ〜と書いてます。

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

なぜ「青」が良いのか

そもそもなんで「青」が良くて「赤」が
ダメなんでしょうか。

 

 

①青は鎮静色だから

色には「鎮静色」と「興奮色」と言われ
人間の心理や生理的な現象になんらかの
影響を与える色が存在します。

 

 

「赤」や「黄色」は興奮色と呼ばれ
人の心をワクワクさせたり興奮させたり
交感神経系に働きかけて血圧上昇や
呼吸数を上げる色だと言われています。

 

反対に、「青」や「緑」は鎮静色です。
人の心を落ち着かせ、心を鎮める効果があり
副交感神経系に働きかけて血圧の下降、
呼吸数を減少させる効果があると言われます。

 

鎮静色の「青」を寝室に取り入れることで
ベッドに横になった時に気分が落ち着き
眠りに入りやすくなる。
と言うのが「寝室に青が良い」と
言われる一つ目の理由です。

 

 

②電気消しても意味あるんだよ!

青が鎮静色やからって、寝る時は
電気消すんやし見えへんやん!

 

お気持ちわかります。
僕も最初はそう思ってましたから。

 

ライトトーナス値という数値があります。
これは、人間は目で見えなくても
色を感じているという現象を
数値に表したものです。

 

目隠しをした被験者に色を教えないで、赤い部屋と青い部屋に交互に入ってもらい、脳波や血圧、皮膚温度、筋肉緊張度などを測定してみると、赤い部屋では筋肉は緊張して皮膚温度も上がり、汗の分泌も多くなる反面、青い部屋では筋肉は弛緩し、皮膚温度も汗の分泌も入室前と変わらないということが分かりました。これを客観的に示したものを「ライトトーナス値」と呼び、色の違いで起きる反応を数値化しています。筋肉がもっとも弛緩した状態の数値が23で、パステルトーンやベージュなどは、ほぼこの数値になります。

引用元:http://www.sekisuiheim.com/spcontent/lifestylenavi/column54/

 

引用の言葉を砕けていうと
目が見えない状態でも
「青」はリラックスして
「赤」は興奮する。ということです。

 

体って不思議ですね。
だからこそ、寝室を「青」にすると
電気を消してもリラックスして
安眠につながるというワケです!
(この辺はなかなか他では書かれてないですが…)

 

 

あれ、ちょっと待って?

引用文をよく見るとパステルトーンや
ベージュが一番リラックスしてるって
書いてますね…。

 

はい、ベージュ系もリラックスできる
色ですし、インテリア的にも寝室の色を
ベージュや茶系で揃えるのは素敵なので
個人的にはオススメです。
【寝室におすすめ】安眠できるカーテンの色の選び方とは?

 

もちろん、「青」もライトトーナス値は24で
非常にリラックスできる色なので寝室に
もってこいの色なんですよ!

 

 

③天井の色を濃い青にしても効果あり

天井の色を濃い目の青にすると
「電気を消した時にまるで夜空のような
錯覚を与える」と知り合いのカーテン屋さんが
言っていました。

 

 

医学的な実績があるかどうかは
分かりませんが、天井をダークブルーや
紺色にすると心理的にも落ち着いて
眠ることができそうですね!

でも天井に濃い色があると普段は
ちょっと重く感じるかもしれませんね(汗

 

 

まとめ

ネットで調べると「寝室は青が良い」と
させる理由は以下の通りだと考えます。

 

青は、

  1. 鎮静色でリラックスできる
  2. 目に見えなくてもリラックスできる
  3. 夜空のようでリラックスできる

だから、寝室に向いているよ、と。

 

個人的には、
ライトトーナス値でも最も数値が良く
寝室のインテリア的にも難易度の低めな
ベージュ系でまとめる方がオススメです!

 

ただし、
色を変えただけで安眠できるとは限りません。

 

睡眠の質を上げるためには、
眠りに入る前の環境作りも
非常に大事です。

 

なんなら、寝室に入る前の生活行動に
よって眠りの質も変わりますので
ぜひ普段の生活にも注意してみてください!

 

眠りに関する記事