リビングルームに寛ぎや家族との憩いの場をもたらす家具「ソファ」。みなさんもソファのある暮らしに憧れがあるのではないでしょうか。

 

しかし、ソファは部屋のスペースを大きく使ってしまうなどデメリットもあり、選び方には注意が必要です。

 

今回は、部屋をすっきりみせるソファの選び方をご紹介します。

圧迫感の少ないソファのカラーは?

壁に近い色のソファがおすすめ!ベージュやグレーなどの「中間色」がベターです。

 

圧迫感を抑えるためには、目立たせない様にするのが大前提です。ソファの色を壁や天井など周りと近い色にすることで、ソファが部屋の空間に同化し圧迫感を抑える視覚効果が生まれます。

 

壁以外にも、吊るしているカーテンと同じ色彩を選ぶのもOKです。こちらも空間に滲みやすく圧迫感を抑えれます。

 

せっかく買うソファなのでデザイン性があるものを選びたい気持ちもわかりますし、店頭に並んでいるソファは赤い色など綺麗で発色の良いものが展示されているので惹かれてしまう気持ちも分かります。

 

ただ、グッとこらえて部屋にソファを置いた時の「現実」を最優先に考えましょう。

 

ソファの高さはどれくらいに抑えるべき?

カーテン 狭い部屋

低ければ低いほど部屋が広く見える視覚効果あり!脚の取外し可能or無いタイプを選びましょう。

 

レイアウトする家具はソファを含め、背が低ければ低いほど部屋が広くなる視覚効果が生まれます。ソファには脚の取外しができるものや、脚の無い「ロータイプソファ」などがあるので、購入前に確認するようにしましょう。

 

ちなみに、レイアウトした家具は高さを揃えることで統一感がでて、部屋がすっきり見える視覚効果が生まれます。ソファやチェスト、テレビボードなどの高さを意識してインテリアをしてみるのをおすすめします。

 

ただし、一般的に背の高いソファの方が座った時に頭までモタれることができて座り心地が良くなると言うジレンマがあります泣

 

あなたや家族など座る人がどのような姿勢で座るのか、横に寝転びたいのか、そういったことも視野に入れて選びましょうね!

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

部屋に置いた時をイメージして選ぼう

部屋をすっきりみせるソファの選び方をご紹介しました。

 

今回の方法をまとめると

  • ソファの色は壁や天井に近い色。または「ベージュ」や「グレー」などの中間色を選ぶ
  • インテリアの雰囲気を重視するなら、カーテンと同系色のソファを
  • 高さのない背の低いソファを選ぶ
  • 家具は高さを揃えると統一感がでてスッキリ見える

という点を押さえて、ソファ選びの参考にしてみてください。

 

特に、部屋にソファを置いたイメージがしっかりできていれば、失敗のリスクは下がります。横幅、高さ、奥行のサイズをしっかり確認するようにしましょう。

 

お店によっては「お試しレイアウト」として、試しに部屋へ置けるサービスをしているところもあります。お店に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?