一歩外に出ると鼻が感知しませんか?

飛んでる…飛んでる…花粉だ…

実は寝室でも花粉症になる危険性があります!

 

この記事を読むあなたは

花粉症を発症してませんか?

花粉症予備軍でしょうか?

 

 

僕は花粉症全般のアレルギー性鼻炎です(爆

 

 

 

花粉症のあなたも、

まだ大丈夫だというあなたも、

 

寝室で花粉やPM2.5を吸い込んでしまう

というショッキングな情報を手に入れました

ので、ここでご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

なぜ掛け布団で花粉症になるの?

花粉は、主に2月から5月、

PM2.5は、主に1月から5月の

時期に飛散をしていると言われます。

 

春のポカポカした陽気の中

奴らは空気中を舞っているということです。

 

そんな中、今日は外が暖かいから

「久しぶりにお布団干そうかなぁ〜♪」

なんてルンルン気分で掛け布団を

ベランダに干していると…

 

 

空気中に舞う、目には見えない奴ら

「花粉・PM2.5・黄砂」が

掛け布団に次々と付着するのです。

 

 

日中、外に干して大量に花粉などが

付着した掛け布団を寝室の中に持ち込んで

しまっているのです。

 

花粉が舞い散る

 

「太陽の良い匂いだ〜♪」と

思いっきり花粉を吸い込んでいるのです…

 

 

そして実は、ベランダから寝室に向かうまでに

通る道筋にも花粉をまき散らしながら

歩いてしまっているのです…!!(T_T)

 

 

なぜ干さないといけないの?

そもそも、なぜ掛け布団を干さないと

いけないのでしょうか?

 

主な理由は2つ

  1. 湿気を飛ばすため
  2. ダニを死滅させるため

この2つを実現するために布団を干します。

 

個人的に思うのは、

湿気があると湿気を好むダニの原因にもなるので

湿気対策のための布団干しは分かるのですが

 

ダニを死滅させるための布団干しって

なかなか現実的ではない気がします。

 

 

両面をまんべんなく天日干ししたり

黒い布をかけないと効果が無かったり

 

そんなこんなで、なんとなくダニ対策が

できた気がするってだけの自己満足で

終わってしまうんだと思うんです。

 

これだけ頑張ったんだから

ダニもいなくなっただろう、と。

 

 

でも、ダニ退治の為に外に干したことで

花粉を大量に吸い込んで

花粉症になっちゃいました(汗

 

ではシャレになんないですよね^^;

 

 

花粉を持ち込まない対策方法は?

あなたが家の中でできる対策は

 

花粉やPM2.5、黄砂を部屋の中に

持ち込まないことです。

そのためには、掛け布団を干さないこと!

 

 

では、干さないために出来ることは

どんなことはあるでしょう?

 

「干す」に代わる手段

  • 布団乾燥機を使用する
  • レイコップなど布団用掃除機を使用する
  • 干さなくて良い掛け布団を使う

 

布団乾燥機を使えば、

その熱でダニを退治することができます。

 

布団掃除機を使えば、根こそぎ吸えます。

ホコリなどのアレルギーの原因も除去できます。

 

最後の、干さなくて良い掛け布団は

少し難しいかもしれませんが

通気性が良い布団はダニを寄せ付けないので

干す必要がありません。

特に羽毛布団ならそれが実現可能ですよ。

 

 

まとめ:掛け布団は外に出すな!

掛け布団を外に干すとダニ対策にもなり

太陽の匂いもたっぷり含んでくれて

気持よく眠れる…。

 

しかし、現実は違います。

 

目に見えない花粉やPM2.5、黄砂が

布団にたくさん付着し、家の中に充満します。

 

そして、寝るときには

「あぁ〜、フカフカで気持ちいい〜♪」

と言いながら、大量の花粉などを

吸い込むことになるのです。

 

快適な眠り

 

花粉などが舞う春の時期、

掛け布団を外に干して良いことは

ありません。

 

それよりも干さない努力をすることが

あなたの健康を守る秘訣となります。

 

 

何があなたの体に良いのか、

もう一度考えてみましょうね。

 

良い睡眠は、一つのことでは成立ちません。

様々な要因をクリアにして、熟睡を確保しましょう!

眠りに不満をもつあなたの悩みを解決する方法