結婚を機に引っ越ししたり、家を買ったり、
今住んでいる部屋で家族が増えたり、
新しい環境での家具選びは楽しいものです!

 

特にご夫婦となるとベッド選びは
非常に重要です。
せっかく買ったのに眠れない!とか
パートナーが邪魔で睡眠不足や!など
不快な思いをしないためにも
狭い部屋にベッドを買う際の注意点を
しっかり理解しておきましょう!

 

 

 

寝るスペースに注意!

ダブルベッドは一般的に
横幅が約140センチです。

 

まっすぐに立ったときの平均的な
大人の肩幅が60センチと言われますので
単純計算では二人並んで寝ても
20センチ余裕があるように思われます。

 

しかし、実際にダブルベッドに横になると
意外と二人ぴったり、人によっては狭く感じる
サイズであることに気づくでしょう。

 

人間が寝るときの姿勢はリラックスします。
眠りに入った後は横向きに寝返りをうちますが
寝るまでの姿勢は仰向けである方も多いです。

 

リラックスして仰向けの姿勢で
二人横になった場合は
手や足が当たります。
「気をつけ」の姿勢であればパートナーには
体はあたりませんが、それじゃ寝れませんよね汗

 

二人寄り添って寝るんだ!というので
あれば止めはしません。
しかし、そういったサイズ感であることは
買う前に十分理解しておきましょうね!

 

どうせ部屋が狭くなるなら
「寝るためだけの部屋」と割り切って
クイーンサイズやシングル2つを
検討してもいいですね!

 

 

引き出しタイプは注意!

狭い部屋に引き出しタイプのベッドフレームを
置こうとする場合には、引き出しを出すことが
できるのかを想定して買う必要があります。

 

一般的なベッドフレームの引き出しは
およそ45〜50センチ出てきます。

さらに引き出しを出してから人間が
引き出し内を見る・整理するための
スペースが必要になります。

 

最低でもベッドから壁(他の家具)まで
の間は90センチは確保したいものです。
(それでもギリギリですが…)

 

スペースが確保できないとマットレスの上から
引き出しを開けて整理しないといけない…
なんてことも有り得ることなんです。

 

いっそのこと引き出しタイプにせず、
タンスなどを買って収納する方が
賢い選択かもしれません。
ベッドの引き出しの収納量は
そんなに多くはありません。

 

最近は大容量のベッド下収納も
販売されていますが、買う前に
こちらの記事もご覧ください
【あなた騙されてない?】ベッド下収納の湿気対策の3つのウソ

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

家族が増えることに注意!

部屋にダブルベッドを置いたら
他に家具を置くスペースなんて
なくなるよ!という場合は
特に注意しましょう。

 

ご夫婦であれば家族が増える可能性は
十分にあります。
ましてダブルベッドで距離が近くなると
子作りも促進されるかもしれません笑

 

ベビーベッドを置くスペースをあらかじめ
確保しておいたり、赤ちゃんが生まれたら
しばらくの間だけ別の部屋で寝るなど
将来を想定しながら買うことも重要です。

 

妊娠してからは新しいベッドを選びに行く
ってなかなか大変なことです。
(僕の奥さんの経験上)

 

 

部屋に搬入できるか注意!

この記事が「狭い部屋に置く」という前提
ですから、ベッドを搬入するための導線も
確認しておきましょう。

 

特に階段や曲がり角の多い廊下は
注意が必要です。

 

買ったはいいけど、部屋まで入らない
ということもザラにあります。
搬入経路については販売店と
よく相談しましょう。
「入るだろう…」は危険です。

 

マットレスは無理やり曲げて部屋に
入れることができますが、フレームは
形が変わらないので入らない部屋には
どうやっても入りません。

 

狭い部屋のダブルベッドはここに注意!

  1. 夫婦二人で寝たときのサイズ感
  2. 引き出しが開けられるか
  3. 家族計画と照らし合わせて大丈夫か
  4. そもそも部屋に搬入できるか

 

こういった点に注意しながら
ベッド選びを進めれば失敗は
少なくなるでしょう。

 

サイズが決まれば、マットレスの
重要性についても学んでおきましょう!