寒い季節になると暖かい部屋は
ものすごく心地よい空間ですよね。
でも、窓際から冷気が入ってくると
一気に不快になってしまうもの。

 

今回は部屋にいる時に、
どこからともなくやってくる
冷気への対策方法をまとめました。

 

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

①リビングの天井が高い部屋の対策

特にリビングに階段や吹き抜け
があるような天井の高い部屋の
対策として次のようなものがあります。

 

床を暖める暖房器具を使う

例えば床暖房は床付近が
ジンワリ暖かくなるため、
足元付近の冷えを
暖めてくれる効果があります。

 

エアコンだと頭付近だけが
熱くなってしまい不快感が
ある場合もありますが
床暖房ではそれがありません。

 

しかし、コールドドラフト現象を
抑える訳ではありませんので
残念ながら、根本的な解決に
ならないとも言えます。

 

 

シーリングファンを併用する

当ブログでも度々オススメしている
シーリングファンの活用
今回も改めてオススメいたします。

 

シーリングファンは夏だけでなく
冬も大活躍します。
天井付近に上昇してしまう
暖かい空気をかき混ぜてくれるので
お部屋の室温のムラを軽減する
ことができますよ!

 

 

②窓が大きいお部屋の対策

最近はリビングの窓が非常に
大きいお家も増えてますよね。
そんなお部屋での冷気対策です。

 

カーテンを利用する

通常、カーテンは床から1、2センチ
ほど上にあがったところで
仕上げられています。

 

窓から入って床に侵入してくる
冷気を防ぐためには、カーテンを
床にひきづるくらいまで下げて
冷気をシャットアウトして
しまいましょう。

 

もし、ご自宅のカーテンフックが
アジャスターフックならば、
カチカチっとフックを下げるだけで
高さを調整できますので便利ですよ。

 

窓からの冷気を直接防ぐ

何と言っても冷気は窓から
入ってきます。
窓は閉まっていても窓付近で
冷やされた空気が部屋に入って
きますので、窓が冷えないような
工夫をするのも一つの手です。

 

窓にエアーキャップ(通称プチプチ)
などを貼り付けると
窓の温度低下を防ぐことができます。

 

ただし、せっかくの大きい窓の
見た目が悪くなってしまうのが
最大のデメリットです。

 

お昼間にポカポカ暖かい時は
逆に邪魔になってしまうので
実践する際は注意が必要です。

 

 

③窓際に家具を配置している場合の対策

窓際は特にコールドドラフトや
窓からの冷気の影響を受けやすいです。
正直、直接的な対策はなく
「窓際に配置しない」というのが
一番の対策となります。

 

間取りや生活動線などのために、
どうしても窓際に配置しないと
いけない場合はウインドラジエーターを
設置したり、腰高窓であれば床の長さ
までカーテンを吊るすなど
窓からの冷気を徹底的に
入れないようにする必要があります。

 

 

まとめ

誰にとっても窓際からの冷気は
不快なものです。
冷気をシャットアウトすることで
節電できたり、快適に過ごせるなど
色々な面で良いことがありますので、
ぜひお試しください!