一人暮らしの部屋に扇風機が必要な理由!使い道は一つじゃない


スポンサーリンク

この記事では、一人暮らしの部屋に扇風機が必要な理由と扇風機の使い道が一つではないことをご紹介していきます。

 

一人暮らしだとそこまで部屋の数も多くないし、エアコンもあるので扇風機は必要ないんじゃないの?と思われがちです。夏しか使わないし、収納する場所もとるから買わなくていいんじゃないか、、そう思う気持ちもわかります。

 

でも、実際に一人暮らしの経験から考えるとエアコンなんかよりも扇風機の方が大活躍していた記憶しかありません。

 

扇風機は夏の暑さ対策以外にも使い方次第で住宅や私たちを守ってくれる優れた家電製品でもあります。ぜひ、暑さ対策以外の使用方法も知って扇風機を有効活用しましょう!

梅雨や冬の部屋干しに大活躍!

湿気による部屋のジメジメや匂い対策にもってこいの家電が「扇風機」です。

雨や雪など、洗濯物が干せない天気の日に室内干し(部屋干し)をする人も多いと思われます。特に一人暮らしとなると、日中はほとんど家に居ることがないので、防犯面や手間を考えると外干しに抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、室内干しをすると室内には生乾き臭や湿気が溜まりジメジメした環境になりがちになってしまいます

 

そんな時に扇風機を使用しましょう。風の力で洗濯物が早く乾くのはもちろんのこと、空気を循環させ、湿気が部屋に溜まるのを緩和させてくれる効果があります。

 

部屋干しによる臭いの軽減や時間短縮にも繋がるのでおすすめですよ!

エアコンと併用して電気代節約

エアコンは電力を多く消費する家電製品です。なので、長時間の使用や18℃設定など極端な温度設定だと、電気料金がかかってしまい家計を圧迫してしまいます。

 

おすすめなのが、エアコンの温度を平均設定して扇風機と併用することです。扇風機がサーキュレーター(空気をかき混ぜる)の役割になり、夏は早い時間で室内は涼しく、冬も暖気を循環させて効率よく部屋を暖かくします。

扇風機は夏限定の家電じゃない
部屋干しやエアコン効率など、夏だけじゃなく冬も大活躍するのが扇風機があったほうが良いと考える大きな理由です!

その他にも、空気清浄機と併用すれば空気の循環をよくさせるので、花粉やホコリによるアレルギー対策にも相乗効果があります。

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

部屋の隅などのカビ防止

部屋の隅など外に近い壁側はカビに注意!梅雨時期にはクローゼットの確認を!

 

湿気の多い梅雨時期には、住宅のクロスや壁面にもカビの発生に注意が必要です。

 

特に部屋の隅(天井や壁)などは建物の構造上、資材や断熱材が薄くなりがちで、カビが発生しやすい場所になります。なので、湿気の溜まるシーズン中は部屋全体を、扇風機で空気の循環をさせましょう。

 

その他にも、クローゼットの中もカビの発生に注意しましょう。クローゼットは普段は閉めっぱなしの状態になるので通気性が悪く、湿気がこもりやすい場所になります。

 

衣服を守るためにも、クローゼット内の空気を扇風機を使って換気をさせたり、定期的に扉を開放するようするなどの湿気対策をしましょう。

扇風機は持っといて損はない!

扇風機は暑さを和らげるだけでなく、部屋干し対策・節電対策・湿気対策などにも大活躍する家電です。

 

夏が過ぎたから押入れに片付けるような季節限定の家電ではないと僕は思っています。(実際に一年中リビングにあります笑)

 

一人暮らしを始めて、まだ買っていない、買おうか迷っているという方はこの機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

小さめのサーキュレーターで上下左右に首振りができると部屋の空気を全てかき混ぜてくれますし、冬場でも場所を取らないのでオススメですよ!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です