家電芸人で土田が絶賛!東芝コードレス掃除機の特徴と値段が凄い!


スポンサーリンク

2018年3月のアメトーーク!家電芸人では新生活の様々なお買い得の家電が紹介されました。中でも大きく取り上げられたのは「掃除機」でした。

 

生活の中で使う家電の中でもお部屋を綺麗に保つ家電として非常に大事だと思っています。僕、まぁまぁ潔癖症なので笑

 

というわけで、今回はアメトークの家電芸人でも紹介された東芝のコードレス掃除機「VC」シリーズについてご紹介します!

ゴミ捨て不要の掃除機

家電芸人 掃除機引用元:東芝

アメトーク内でも紹介されていましたが、このコードレスクリーナー「VC」は掃除をしてダストステーションに戻すと、内部に溜まったゴミをダストステーションが吸い取ってくれます。※VC−NXS2のみ

 

次に掃除機をかけるときは真っさらな状態のままで掃除を始めることができるという代物です!ヤベェっすね!

 

たまにダストステーションに溜まったゴミを捨ててあげればいいだけなのですごく楽ですね〜。

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

スティック型と何が違うの?

僕のイメージではコードレス掃除機と言ったら「ダイソン」とか「マキタ」に代表されるようなスティック型の掃除機ばかりだと思っていました。

 

今やキャニスター型にもコードレスが出ているんですね(情報が古い?)。

 

気になるのは、キャニスター型(昔ながらの形の掃除機)がコードレスになったことで何が良くなったのかということ。ちょっと調べてみました!

 

持ち手が軽い!

スティック型の掃除機は、掃除機全体の重さを片手に感じます。軽量なものでも1.5キロは重量があります。(それでも軽いですが)

 

対してキャニスター型は本体は地面に転がっていますのでホース部分の重さだけが片手にかかります。今回の「VC」は片手にかかる重さが約500グラムほどなので、掃除をするときの軽さは抜群でしょうね!

家電芸人 掃除機引用元:東芝

吸引力が凄い!

スティック型は軽量化するために本体の重さを軽くする必要があります。余計な機能やスペックを省いても軽量化する必要があります。

 

対して、キャニスター型は基本的に本体が地面についているので重さよりも吸引力を重視したパワフルな機械をつけることができます。そこがスティック型との大きな違いですね〜。その代わり、総重量は重くなります。

 

動きに制約がでる。

キャニスター型も良い面ばかりではありません。

 

スティック型に比べてノズルと本体が分離しているので、自分の体(腕)の動きと掃除機本体の動きが連動しにくいという特徴があります。廊下の曲がり角なんかで本体が引っかかって動きづらい経験をしたことはないですか?スティック型に比べれば、可動性という点では劣ります。

 

ただ、VCシリーズでは本体自体の小回りがきくように設計されていて、狭い空間でも使う人の動きが制限されることが回避されていますね。

 

戸建の家にはオススメ!

以上のメリット・デメリットを考えるとマンションのように限られた空間をサッと短時間で掃除するよりも、2階建ての戸建住居のように長時間掃除機をかけるご家庭に向いているのが「VC」シリーズだと思います。

 

掃除する時間が長いほど掃除機を持つ腕は疲れていきます。片手にかかる重量は軽い方が楽ですし、高い部分を掃除するにもヒョイっとヘッドを持ち上げることができるので抜群に楽ですね!

 

気になる値段はオープン価格のようです。市場の実勢価格としてはおよそ85,000円前後になるようです。費用対効果をどう見るかによっては長い目で見れば安い買い物と言えるかもしれないですね〜!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です