誰と住む部屋かを考えて選ぶインテリアとは?【基本ルール2】

今回は、一人暮らしなのか家族と住むのか、そして、そこで暮らす人の生活を考えて
インテリアを作ることが重要ですよ、というお話です。

前回の記事をまだ読んでない方はまずそちらから始めてくださいね!
【基本ルール1】おしゃれインテリアの為に最優先で考えること

住む人のライフスタイルを考えてインテリアを選ぼう

快適なインテリアを実現する上で、そこに住む人のライフスタイルを見据えたインテリア選びは重要です。

  • 一人暮らしなのか、家族で暮らすのか。
  • そして、家族構成は何人なのか?
  • 子どもは何人なのか?
  • 年齢層はどれくらいか?
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N612_ekinoho-muwoarukuoyako-thumb-autox1000-14134

そんな、あなたとそこに住む人のライフスタイルを総合的に考えましょう。

将来を見据えるのも大事です。

家族が増えることも予測する必要がありますね!

住む人みんなが快適なインテリア

住む人のライフスタイルによって快適なインテリアは変わります。

15畳のリビングがあったとして…

夫婦2人で過ごすのであればダイニングセットがあってソファがあるインテリアが快適かもしれません。

しかしながら、子どもが多い家庭ではソファは置かずに広々と床で過ごすインテリアにした方が快適かもしれません。

どれだけ家具がおしゃれでも住んでいる人が快適だと感じなければそれは失敗でしょう。

おしゃれな家具や小物を揃えることから注目しがちですが住む人のライフスタイルに合わせた住み心地を第一に考えましょう。

586ac570541e7528693a2293b0e7afbbfa5b78c0

↑ おしゃれですけど小さい子どもがいたら住みづらいですよね(汗


“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

①浅い眠りを改善する意外な方法とは?

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

②やってはいけない観葉植物の飾り方

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

家族の好みが違った場合

ここまでは順調ですか?

あなたの住む部屋のライフスタイルは思い浮かべられましたか?

オーダー

いざ、ライフスタイルを考えて快適な暮らしのインテリアを実現しようとしても住む人のインテリアの好みが違ったらどうしましょう。

旦那さんはモダンな部屋が好きなのに奥さんはナチュラルな優しい部屋が好き。

どうしましょ…。

家具の販売員だった頃はよくあるお悩みでした(汗

その部屋を一番使う人の好みを優先しよう

住む人によって好みが違うのは人間ならば当たり前のこと。

でも、その全部の意見を取り入れるわけにはいきませんよね。

そんな場合は、その部屋で過ごす時間が長い人の好みを取り入れましょう。

その結果として、家の部屋ごとに違ったテイストのインテリアになっても良いんです。

何よりも、住む人が快適に過ごすことが重要ですからね!

まとめ

よくインテリア雑誌やテレビの特集で家全体が北欧テイストなど一つのテイストでまとまった素敵なインテリアがあります。

でも、それがあなたにとっての正解とはかぎりません。

d0138170_9511840

何よりも、そこに住む人のライフスタイルを考えて、住む人みんなが快適に過ごせるインテリアがあなたにとっての正解だと言えるでしょう。

次のページ
【基本ルール3】インテリアのセンスを磨くコツとは?

基本ルール1はこちら
おしゃれインテリアの為に最優先で考えること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です