ベッドパッドと敷きパッドの使い方の違いと素材の特徴


スポンサーリンク

ベッドパッドと敷きパッドの違い、ご存知ですか?

 

マットレスと併用して使う「パッド」系の寝具。種類が複数あり、どれがよいのか迷われる人も多いのではないでしょうか。

 

それに、パッドを購入する分、予算がかかってしまうので敷く必要性があるのか疑問にも感じますよね…。

 

今回は、ベッドパッドと敷パッドの違いと、敷くメリットや素材別の特徴をご紹介します。

ベッドパッドと敷きパッドは違う?

同じパッドでも「ベッドパッド」と「敷パッド」は敷く箇所が異なります。

画像引用元:快眠タイムズ

寝具のパッドは「ベッドパッド」と「敷パッド」の2つに分類されます。両方ともマットレスの上に敷いて使うようになり、それぞれ特徴があります。

 

ベッドパッドとは

ベッドパッドはカバーやシーツの中に敷いて使う、肌に直接触れない寝具です。シーツの下、マットレスの上に敷くことで、汗の浸透や汚れがマットレスに付着するのを防ぐことができます。

 

値段もお手頃で安いベッドパッドなら1,000円程度で販売されています。敷パッドよりも比較的安く購入できるのも特徴です。

 

敷パッドとは

敷パッドはカバーやシーツの上に敷いて使う、肌に直接触れる寝具で、ベッドパッドよりも1ランク上の寝装品になります。

 

敷パッドにもマットレスへの汗の浸透や汚れを防ぐ効果があり、さらに睡眠の質を向上させる敷パッドも販売されています。

 

種類もさまざまで、羊毛を使った肌触りの良い敷パッドやファイバー素材で保温性の高いパッド。夏場でも心地よく寝れる、接触冷感の敷パッドなども販売されています。

 

直接、肌に触れるものなので素材にこだわった商品が数多く販売されています。

 

なぜ敷く必要があるの?

パッドを敷くことでマットレスを保護し、寿命を延ばす効果があります!

各パッドには共通して、マットレスを保護する効果があります。マットレスへの汗の浸透や汚れを防ぐ他にも、身体の沈み込みによるヘタリを軽減させる効果もあります。

 

 

マットレスの寿命を延ばすためにも、どちらか1つは必ず使いましょう!

 

ちなみに、手入れなど面倒だと感じる人は、敷きパッドの使用をおすすめします。敷パッドはベッドカバーの上に敷いて使うので、わざわざカバーを取る手間がいりません。

 

どちらか迷われる人には、敷パッドの使用をおすすめします。

 

僕が敷きパッドを使う理由

実際に我が家も敷きパッドを利用しています。理由は、付け外しが楽だから!という一点のみです笑

 

敷きパッドのデメリットは一点だけ。「ズレやすい」ということです。

 

体が直接触れるので、寝返りなどの動きもダイレクトに伝わります。すると使っているうちに四隅を留めているゴムが伸びてしまって外れたり、朝起きるとぐちゃぐちゃになっていることもあります。

 

そこまで使ったんなら買い替えろよ、って話なんですけどね汗

 

それでも、普段の洗濯や干す時には敷きパッドの方が超絶ラクチンなので、敷きパッドをオススメします!

スポンサーリンク

“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

パッドの素材の違いを知ろう

マットレスの上に敷いて使う「ベッドパッド」や「敷きパッド」は、汗を吸収し快適な睡眠環境を整える効果があります。

 

しかし、種類や素材も豊富に販売されているので、どれが自分に合っているのか分からず、何となく使っている人もいるのではないでしょうか。

 

ベッドパッドは素材によって効果はさまざまあります。購入時には素材のチェックをしましょう。

 

ベッドパッドの素材によって吸湿発散性が変わる

画像の珪藻土マットは関係ないんですが、水分を吸収して発散する、ということが言いたかったんです笑

 

そのベッドパッド(敷きパッド)の素材の違いによって、何が変わるかというと「吸湿発散性」が異なります。吸湿発散性とは、寝ている時にかく汗(水分)をパッドが吸って発散するチカラのことです。

 

睡眠環境を快適に整えるのにこの「吸湿発散性」は重要です。極端に言えば、暑い日にフローリングで寝ると汗を吸わないので床がビチャビチャになって不快で起きた経験はありませんか?

 

「汗を吸って、さらに蒸れないように発散してくれる」というチカラは快適な眠りを実現するためには非常に重要なポイントです。(マットレスにはこだわるけど、寝具はどいうでもいいっていうのは間違いです!)

 

現在、寝汗を大量に掻いてしまっていたり、睡眠時に寝苦しく夜中に目が醒めるなどでお悩みの人はベッドパッドが適していない可能性があります。これを機に、ベッドパッドの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

 

吸湿発散性の良いベッドパッドとは

寝汗を掻きやすい、暑がりな人には「綿」「麻」素材のベッドパッドが良いでしょう。

 

綿や麻など【植物繊維】を使用した素材は吸水性、通気性に優れています。さらに肌触りも柔らかいので、心地よい睡眠環境を整える効果が期待できます。

 

それから「ウール(羊毛)」もオススメです。夏にウールって暑いイメージがありますが、ウールは通気性にも吸湿発散性にも優れている素材です。通気性が良いので、夏でも使うことができますよ!(意外ですが)

 

その他にも、「レーヨン」や「キュプラ」などの【再生繊維】も吸湿発散性に優れています。しかし、どちらの素材も摩擦に弱かったり、洗い方を誤ると色移りや縮んでしまう事があるます…。

 

取り扱いや手入れには注意が必要です。

 

吸湿発散性の悪いベッドパッドとは

「ポリエステル」や「アクリル」などといった【合成繊維】素材は比較的安価で購入しやすく、丈夫です。しかし吸湿発散性は良くありません。

 

肌触りも固い製品が多いので、肌が敏感な人はご注意ください。

 

天然繊維の敷きパッド
  • 吸湿発散性に優れている
  • 肌触りも優しくフカフカ
  • 値段が高い
合成繊維の敷きパッド
  • 非常に安価なものから手に入る
  • 洗濯や摩耗などに強い
  • 吸湿発散性が悪い
  • 肌触りがゴワゴワしているものが多い

このように、ベッドパッドは素材によってメリット、デメリットがあります。自分の体質や睡眠環境に合ったベッドパッドを敷いて使えば毎朝、快適なスタートがおくれるようになりますよ。

スポンサーリンク

“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

合成繊維も侮れない?

少し合成繊維をディスってしまう内容になってしまいましたが、合成繊維ならではの良さもあります。

 

それは、科学のチカラをふんだんに取り入れて、人間が眠りを追求できるために作ることができる、ということ。

 

つまり、天然繊維の良いところを取り入れたり、人工的にしか作れない人間にとって良いものを作ることができます。

 

例えば、「炭」を取り入れたベッドパッドは、合成繊維でありながら吸湿発散性に非常に優れています。調湿効果と呼ばれる、表面の湿度を一定に保つチカラも炭本来の特徴です。

 

さらに、炭特有の機能として「消臭効果」があります。冷蔵庫の脱臭などにも使用されていますよね。それがベッドパッドでできます。僕の加齢臭も吸ってくれることでしょう!泣

 

 

価格だけを安くしようとすれば、いくらでも安くできるのが合成繊維です。でも、科学のチカラを使って天然繊維に負けないモノを作ることだってできます。

 

一番はご自身に合ったものを使っていただきたいですが、体に触れるものでもありますのでマットレス以上に気を使って選ぶべきものだと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!他のオススメ記事もぜひご覧くださいね!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。