【スクショで解説】Casy(カジー)に無料新規登録する方法!

一人暮らし

この記事では、家事代行サービス「Casy」に実際に登録した際のスクリーンショットをもとに「無料登録」のやり方についてご説明していきます。

 

登録するだけなら名前や住所などの入力は必要ありません。多分、スマホに慣れた方だと2分足らずで終わってしまう作業です笑

 

パソコンでの登録もほぼ変わりませんが、当ブログの読者さまの9割はスマホユーザーですので、大量にスクショしたのでその画面に沿って全公開していきます。

新規無料登録はめちゃ簡単!

まずは、カジーのサイトに行って「まずは会員登録」をクリックします。公式サイトはコチラ→お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

 

すると、会員登録画面にジャンプします。

ここで会員登録のために必要なのは、メールアドレスパスワード郵便番号の3つの情報のみです。

それぞれ入力して、利用規約とプライバシーポリシーを確認してチェックをいれ「新規登録」をクリックするだけ。(チェックマークを入れるのをお忘れなく!)

もちろん、FacebookかLINEのアカウントを使って登録しても良いと思いますが、必要ない通知が増えるのも嫌なので素直に登録しましたw

これにて無料新規登録は完了!
スクショ画面の上を見てもらうと1分も経過してないですね…笑  皆さんはちゃんと利用規約は読みましょう!(さらっと読み飛ばしてしまうタイプですw)

 

CaSy(カジー)の公式サイトはコチラ
お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

 

個人情報は利用するまで必要ない

やっぱりこういうサイトに登録する時って個人情報を入力するのに少しためらってしまいますよね。

 

ただ、カジーの新規登録では個人情報といえば郵便番号くらいのもので、名前や住所は実際に利用する際に入力するので安心して登録できます。

 

では、実際に料理代行や掃除代行サービスを利用するために、必要な「お客様情報」の登録方法もご紹介していきますね!



お客様情報の登録内容

新規登録が済んだら、マイページ画面に移ります。そこからは実際にサービスを利用するためにあなたの住所や住まいの情報などを入力していく必要があります。

上部の丸いアイコンもしくはマイページ右のボタンをクリックすると、お客様情報の入力画面にジャンプします。

 

メールアドレスだけは新規登録した時のものが入力されています。もし、フェイク(偽のアドレス)で入力していたなら実際に使うアドレスを正しく入力しましょうね!

以上を入力したら「お客様情報」の入力は完了です。ひとまずお疲れ様でした!

 

家事代行の依頼申し込み画面

さらに、次からは実際に家事代行サービスの申し込み方法をスクショ画面に沿ってご説明していきます!いわゆる実践編ですねw

 

料理代行サービスのスクショ画面

あなたの家族構成や、料理のジャンルや味の好みも詳しく要望することができます。料理の数によって申し込みパックが変わるので分かりやすいですね〜!

 

ただ、有名な家事代行サービス会社とはいえ最初に来るのはあなたにとって知らない人ですので「入ってほしくない部屋」「触ってほしくないもの」などは明確に書きましょう。

利用頻度が高くなるほど、料金は安くなるシステムになってます。

掃除代行サービスのスクショ画面

次に掃除代行を依頼する際の申し込み画面をスクショで紹介していきます。

 

汚れの度合いは正直に書きましょうね。
少し恥ずかしい気もしますが、結構汚れているのに「あまり汚れてない」ような書き方をしてしまうと、実際に掃除代行に来てくれた時に余計な時間がかかったりして良いことはないです汗

最低2時間からの利用料金の設定になっているので、掃除する場所が少ないと無駄になってしまいます。

 

例えば、汚れレベル2を選択して、キッチンとお風呂を選択すると利用時間の目安は「1.5時間」と表記されます。

 

その場合はトイレなども足すことで2時間になりました。払った料金分はお掃除して欲しいので賢く利用しましょうね!

ハウスクリーニングのスクショ画面

これまでの料理代行、掃除代行と違ってハウスクリーニングは特定の場所の重点的なクリーニングが目的となっているようです。

 

専門の掃除道具が必要になるので、普通の掃除とは異なり少し大掛かりな作業になります。

専門的なクリーニングになるので、ハウスクリーニングだけは事前のクレジットカード情報入力が必要になります。

 

カジーの新規登録まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

  • CaSyへの新規登録はめっちゃ簡単
  • 実際の利用まで名前や住所入力なし
  • 依頼方法も分かりやすい

ということが分かっていただけたでしょうか。

 

世間では、家の掃除も料理も子育ても「家事」とひとくくりにして、家事は女性がやって当たり前のことという風潮がまだまだあります。

 

我が家は、僕がサラリーマンで働いて、奥さんは専業主婦です。主婦の辛さや家事の大変さが100%分かっているかと言うとそうではないかもしれません。

 

休みの日は息子を連れて外に遊びに行ったり出来る家事はやっているつもりですが、全く足りてないと思います。。。やっぱり奥さんにとっては家事は切っても切り離せないんですよね。絶対的な「休みの時間」がない。

だからこそ、家事代行サービスを利用して少しでも楽してほしいです。

 

昭和の家庭的な考えがまだまだ消えない世の中ではありますが、「家事」を「仕事」として捉えて、罪悪感なく家事を完全に休む日があってもいいと思います。

 

家事代行を利用することは家事をサボることではありません!

 

まずは2時間だけでも「あなたの時間」を取り戻してみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です