【足元が冷える】暖房つけたのに部屋が寒い原因と対策とは?


ABOUTこの記事をかいた人

インテリア好きでインテリア会社でコーディネーターを10年勤務。「住む人が幸せになる空間」をテーマに、あなただけの快適な空間作りをお手伝いします。◇色彩検定◇カラーコーディネーター◇福祉住環境コーディネーター◇

エアコンをつけてるのに部屋が暖まらない。
暖房温度を上げると電気代も上がっちゃうから抑えたい。
そんな悩みをお持ちではないですか?

 

本来、暖房をつければ部屋は暖まるはずなのに、なぜあなたの部屋は寒いままなのでしょう?

 

そのワケは、冷気の性質にありました。冷たい空気と暖かい空気の性質を知れば「暖房つけてるのに寒い…」と凍えることもなくなります。

 

今回は、暖房つけても寒い原因と暖房効率を上げる対策についてご紹介していきます。

 

くまちよ
部屋の寒さのもとを断てば、効率よく部屋を暖めることができますし電気代も節約できます。

寒さの原因は冷気を遮断できてないこと

housing-900240_1920

暖房をつけているのに部屋が寒いという原因は部屋に入ってくる冷たい空気をシャットアウトできていないことです。

 

もともと「暖かい空気は上」「冷たい空気は下」に行きます。あなたの部屋の中でも同じことが起こっています。

 

 

エアコンで部屋をガンガン暖めても部屋の上ばかりが暖まるばかり、床のあたりには窓から入ってくる冷気が陣取っているんです。

 

窓のスキマから入ってくる冷たい空気を遮断できていないので、いつまでたっても空気が温まらずフローリング付近が冷たいままなんですね。

 

これはコールドドラフトという現象です。別に名前は覚えなくてもいいです汗

暖房つけても寒い理由
  • 窓の隙間から外の冷たい空気が入ってきて、床付近が冷えてしまう。
  • 一方でエアコンの暖かい空気は天井付近に溜まってしまう。
  • 結果的に部屋の上部だけが暖まって足元は冷たいまま。

 

外から入る冷気を防げば寒くない!

というわけで、暖房をつけてもあなたの部屋が寒い理由は冷気を遮断できていないからかもしれません。

 

では、遮断しましょう!

 

部屋の中で、外の寒い空気と触れる面積が大きいのは「窓」です。冷気は窓から、特に窓の下の隙間から入ってきます。

 

窓からの冷気を上手に防げば暖房効率も上がり、部屋は暖まりやすくなります。

 

冷気を遮断する方法とは?

冷気を遮断するには、どんな方法があるのでしょう。代表的な3つを挙げてみました。

 

冷気遮断パネルを置く

51yhi+99+PL._SX522_

窓の下、カーテンの下、ドアの下、そこから入ってくる冷気をパネルで遮断してしまうという方法です。

 

 

あまり見た目は良くないと思われるかもしれませんが、非常に理にかなった方法です。

冷気を遮断する理由

なぜなら、入ってきた冷気は窓とパネルの間に溜まりますよね?その冷気は上がってこようとしても部屋の空気が暖かいせいで上がってこれないんです。

暖房で温まる仕組み

つまり、暖房からの暖気がフタとなって冷気が部屋の中に入り込みにくくなるんですね。

 

小さなお子さんやペットがいて、床(低い位置)で過ごす時間が長いのであれば冷気から守ってあげることを優先してもいいですよね。多少見た目は非オシャレにはなりますけども…。

 

 

窓際に暖房器具を置く

エアコンで部屋を暖める場合にはこの方法は活用できません。飛ばしてください。

 

この方法は、冷気が窓際から入ってくるならその冷気ごと暖めてしまえ!というもの。

51dQR0wuzXL

これも理にかなってますね。でも、窓が大きかったら大変かも…。

スポンサーリンク

“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

扇風機で空気をかき混ぜる

空気をかき混ぜることが、もっとも簡単にできる方法です。

 

あなたの部屋に扇風機はありますか?
夏に使った後に押入れに収納してるなら引っ張り出してきましょう。

 

お部屋の暖かい空気と冷たい空気をかき混ぜることで、部屋の中の寒暖差を和らげることができます。

サーキュレーションで暖房効率アップ

すると、暖房暖かい空気を効率的に部屋全体に循環させることができます。サーキュレーション効果と言われます。

 

シーリングファンも空気をかき混ぜることでエアコン効率を上げることができます。詳しい内容は、シーリングファンの効果とは?オシャレなだけなの?で説明しています。

 

少し本筋とは異なりますが、空気をかき混ぜることで節約できることもわかっていただけると思います。

 

また、暖房をつけた部屋の空気をかき混ぜることで、頭がボーッとして頭が痛くなってしまうことありませんか?僕はよくあるんですよね。(もともと偏頭痛持ち…泣)

 

暖房がきいた部屋では、空気が混ざらないことによって部屋の上部(頭の位置)だけが暖かく、足元は寒いままということもよくあります。それが頭痛の原因にもなってしまうことがあるんです。

 

リラックスするべき自分の家なのに、暖房が原因で頭痛になってたらイヤですよね。。。

詳しい記事:【知っときたい】扇風機を使って暖房時の頭痛を和らげる方法

 

まとめ

暖房をつけているのに部屋が暖まらない理由は、窓やドアの隙間から入ってくる冷気のせいと考えられます。

 

  • 冷気遮断パネルでシャットアウトする
  • 窓際に窓下ヒーターを置いて冷気を遮断
  • 扇風機で空気をかき混ぜる←オススメ!

以上のような対策をすることで、外からの冷気を遮断して、暖房の効率を高めることができます。

 

まんべんなく空気が暖まることで過ごしやすい部屋になりますし、暖房効率が良くなるので電気代の節約にもなります。小さめの扇風機は邪魔にならないので一つ買っておきましょう。

 

また、扇風機は冬の部屋干しのイヤ〜な臭いにも効果的ですのでオススメです。

 

エアコンをつけているのに部屋が暖まらないのは不便なのものです。でも、部屋の中の寒さのもとがわかれば対策も簡単ですね。

 

住みやすい空間を作っていきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です