男子大学生は一人暮らしするメリット多すぎ!4年間の経験から語ってみる

大学生 一人暮らし

ABOUTこの記事をかいた人

インテリア好きでインテリア会社でコーディネーターを10年勤務。「住む人が幸せになる空間」をテーマに、あなただけの快適な空間作りをお手伝いします。◇色彩検定◇カラーコーディネーター◇福祉住環境コーディネーター◇

僕は大学進学をキッカケに実家の九州から大阪に出て、一人暮らしを始めました。初めての1人暮らしは不安が大きいと思いますが、実はメリットや楽しさの方がめちゃくちゃ多いので不安になる必要はありません。

 

かなり主観的な意見が混ざってますが、一人暮らしに対する個人の意見として実際に感じたメリットをご紹介していきます。

 

一人暮らしをすると、

  • 学校が近いので通学時間が短い
  • 人間的に自立できる
  • 自分だけの時間を過ごせる

など、ざっと考えただけでも実家暮らしではできないかもしれないメリットがあります。

 

この記事を読んでいただいているということは、この春から一人暮らしを考えている学生さんかと思います。すでに一人暮らしを始めたけど不安が多いという方もいらっしゃるでしょう。

 

もしかすると、在学中でお金を貯めて実家から出てやろうと計画している方もいるかもしれませんね。

 

一人暮らしをしようか悩んでいる方、一人暮らしを始めるのが不安、という方もこの記事を読んでいただくと「一人暮らし」への希望が湧いてくることでしょう。

メリット1:一人暮らしは学校が近い

大学生 一人暮らし

一人暮らしは住む場所を選ぶことができます。通学に便利の良い下宿先を選ぶのが一般的ですし、物件も多いです。

 

家と学校の距離が近ければ、通学の時間をカットすることができますので、遅刻のリスクを減らせます。

 

可能な限り、学校の近くに賃貸を借りるようにしましょう。
大学では進級や卒業する為には出席単位が重要になります。家が近ければ、遅刻のリスクを減らすことができます。少しでも自分の成績が有利になるようにしておくのがベストですよ。

 

人によっては遅刻を繰り返してしまう遅刻グセが付いてしまうこともあるので、ご注意ください。逆にいうと、学校が近いとギリギリまで寝ていられるという利点もありますね!

 

それに、通学時間が短いことで家事や勉強する時間に余裕ができ、充実した生活を送ることができます。

 

また、自転車や徒歩での通学も可能になりますので、電車代(定期代)に生活費をあてることがなくなります。

 

これらを意識すると、面倒と思えるお部屋探しにも熱が入って楽しくなりますよ。

家と学校が近いメリット
  • 遅刻のリスクが減る
  • 通学に電車代が必要ない

 

メリット2:自立できる

大学生 一人暮らし

一人暮らしで家事をこなすことで自立心と生活力、さらには金銭感覚や管理能力が身につきます。僕はこの「自立」が一人暮らしの一番のメリットだと考えます。

 

1人暮らしでは、今まで親にしてもらっていた炊事や掃除に洗濯などの家事全般を、自分でしなければいけなくなります。

 

「実家でも進んでやっていた」という人は問題なくこなせると思いますが、今まで親に任せっきりだったという人には苦戦をするケースが多いです。これをキッカケに親のありがたみが分かるかもしれませんよ。

 

くまちよ
洗い物が終わった後、弁当箱を出し忘れていた僕への母親の怒りの意味を痛感しました。。。

 

さらに、1人暮らしでは財布の管理も自分でするようになります。

 

水道代や電気代などの公共料金や食品や生活品など「モノの価値」を知るようになります。それは確実に今後生きていくための良い経験になります。絶対に必要な経験です。

 

実家でも料理をしていた、掃除を手伝っていた、という学生さんもそこにお金が絡んでくると見え方もずいぶん変わります。

 

予算を考えながら、家事をするということは自立するためにも非常に有効だと思います。僕も一人暮らしを始めた時ほど親に感謝したことはないかもしれません笑

スポンサーリンク

“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

メリット3:自分の好きな時間を過ごせる

大学生 一人暮らし

自分だけの時間を好き勝手に過ごせることも1人暮らしのメリットです。特に大学生は社会人のように企業に拘束されるような時間がないので一人の時間が大量にできます。

 

ぶっちゃけ言うと、なんでも好きなことができるので、

  • 彼女を連れ込む
  • 友だちと朝まで飲み明かす
  • 好きなインテリアで揃える

そんな時間を過ごすことができるんですよね。
実家で彼女を連れ込むのはハードル高いですし、どんちゃん騒ぎしてたら親が怒鳴り込んできますよね。でも、一人暮らしなら気兼ねなくできます。(近所迷惑はやめましょう。)

 

くまちよ
僕がやってきたことです笑

ただし、好き勝手できるからこそ「自己責任」で行動しましょう。親に迷惑かけるような行動は禁物ですよ。

 

まぁ、大人のDVDなど音量を気にせず見ることだってできるわけです。VRゴーグルで楽しんでて、急に親が部屋に入ってくるなんてハプニングも起こらないわけです笑

 

また、一人の時間は、今までの人生の振り返りや将来について見つめ直す時間にもなります。(賢者タイムをうまく活用しましょう。)

 

実家を離れて暮らすことで不便な事もでてきます。それを経験し、対応して乗り越えることで、自分自身の成長と人の気持ちが分かる優しさが持てるといわれています。

 

防犯面でも危険性も伴いますのが、逆に考えればそういった面での知識も増えていきます。大人として強く生きるための準備期間と考えたら、僕は一人暮らしをして良かったなぁ、と心から思います。そして、親にはいくら感謝しても足りません。

 

まとめ

大学生が一人暮らしをするのにメリットってすごく多いです。デメリットも考えていけばキリがないですが、僕は一人暮らしをして本当によかったと思っています。

 

一人暮らしの経験がなかったら、家事の大変さも知らなかったでしょう。お金の管理がめんどくさいことも分かりませんでした。

 

それは結婚してから非常に活きました。主婦のありがたみを感じますし、大変さも分かります。家事をすることだって当たり前です。

 

大学生当時は一人暮らし最高〜!!としか考えてませんでしたが、今の結婚生活を思っても一人暮らし最高だったぜ〜!!と思います。


大学生 一人暮らし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です