【部屋干し】洗濯物を扇風機で乾かすなら窓やドアは開けよう!


スポンサーリンク

部屋の中はジメジメ蒸し暑いのに外は雨。梅雨から夏の時期にかけて雨の日は多いものです。梅雨から夏にかけてこのような状況はよくあることですよね。

 

そんな時の洗濯物はどうしても部屋干しになりますが、そのまま干したら洗濯物が臭ってしまいます。

 

干せないけれど増えていく洗濯物。この時期はどうしても部屋干しすることが増えます。そんな時には、どのように干したら良いのでしょうか?

 

部屋干しをする時には、早く乾かすために扇風機を使うことが多いと思います。でも毎回悩むのが、部屋を閉め切るべきか、開けるべきか。

 

今回は、部屋干しで扇風機を使う時に部屋を開けるべきか、閉め切るべきかについてご紹介します。

空気をかき混ぜましょう

この記事の本題に入る前に部屋干しをする際は必ず空気をかき混ぜましょう。

fabric201310_1_01

なぜなら、部屋干しをすると一気に部屋の湿度が上がります。

 

洗濯物は大量の水分を含んでいるからです。その水分を放出することで洗濯物は乾きます。

 

部屋干しをしている部屋の空気が止まっていたら洗濯物は乾きたくても乾けません。だって、部屋の中に湿気が溜まったままですからね。

 

そう考えると答えがおのずと分かります。

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

部屋干しをするなら部屋は開放しよう

thumb5

ドアや窓を締め切った部屋で部屋干しをすると洗濯物は乾きが遅いです。洗濯物の水分が部屋じゅうに滞留しているからです。

 

部屋干しをする時は、部屋の窓やドアは開け放って空気の入れ替えができるようにしましょう。

 

そうすることで、部屋の外の空気と湿気だらけの部屋干しの空気が入れ替わり洗濯物の水分がどんどん放出され、乾きます。

 

扇風機をつけないと意味がない

20130206103055_5111b24f8f571

空気の流れが止まった部屋でドアを開け放っても意味がありません。だって、空気が動いていないからです。

 

そんな時は扇風機を使って、部屋中の空気をかき混ぜましょう。

a13rf-004n_img001

扇風機は人間の体を冷やしたり、涼しくするためにあると思われがちです。でも、意外に一人暮らし歴の長い人や主婦にとっては、部屋の空気を循環させるために使われることの方が多いように思います。

 

部屋の中で湿気だらけの空気が滞留することもありません。

 

扇風機を使うことで、部屋の中の湿気の少ない空気と湿気の多い空気が入り混じって、結果的に洗濯物を乾かしてくれます。

PV2DyMaLtvxNxjX_lomRJ_5

 

雨の日はどうしたらいい?

ただ、雨の日は外にも湿気が大量にありますので窓を開けるかは迷いどころ…。

 

窓を開放してしまうと外の湿気も取り込んでしまい、部屋の湿度が下がりません。でも、閉めたままでは洗濯物は乾きませんし、湿気が多くなり肌もベタベタで気分も良くありません。

 

そんな時は家電に頼るしかないです汗

 

除湿機をかけて、さらに扇風機で空気をかき混ぜることで洗濯物を乾かしつつ、部屋の湿度を上げずにすみます。

 

我が家は部屋干しする時は、梅雨や雨の日は窓を閉めて、できるだけ部屋を閉め切った上で扇風機を回し、除湿機をかけています。

 

一晩で除湿機の水タンクが一杯になってしまいますよ笑

 

まとめ

まず結論、部屋干しするなら部屋は開けましょう。

 

窓を開けたら外の雨が入ってくるのが心配な気持ちはよくわかります。

rainyseason

特に夜寝る前だと、このまま雨が打ち込んでこないかな?なんて心配になってしまい、結局窓を閉めますよね。

 

でも、部屋干しをするのであれば空気を入れ替えできるような工夫を必ずしましょう。

 

一番手っ取り早いのが、部屋をすべて開け放って扇風機をつけること。湿気を含んだ空気がとどまることを避けるためです。

 

洗濯物の水分をうまく飛ばしながら空気をかき混ぜることでカビ予防にもなります。

 

ワンルームの一人暮らしの部屋であれば雨が打ち込む心配のない窓を開けるか、トイレやお風呂の換気扇を付けながら扇風機で空気をかき混ぜるのが良いです。

締め切ってても、窓を開放しても湿気だらけになってしまうんですから、窓を開け放ってしまって積極的に空気を入れ替えることが洗濯物を早く乾かすことにもなりますし、結果的にカビ予防にもなります。

【知ってた?】部屋干しでエアコンの除湿効果を高める工夫

2015.06.19

生乾きのイヤな匂いを予防するためにも部屋干しとうまく付き合って快適な夏を過ごしましょう。


スポンサーリンク

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です