【綾野・パモウナ】ハイカウンター収納の特徴と使ってみた感想

食器棚の定番にもなっているハイカウンター。

でも「ハイカウンターの何がいいの?」と思っている方は多いようです。

食器棚を選ぶ機会って少ないですし、そう思ってしまうのも当たり前ですよね。

販売経験豊富と自負する僕がハイカウンターの特徴をご紹介しますので予習して家具屋さんに向かいましょう!

ちなみに我が家はハイカウンターの食器棚を使ってますよ〜!!

ハイカウンターの食器棚って何?

ここ数年で徐々に増えてきたハイカウンタータイプの食器棚。今ではスタンダードになりつつあります。

そもそもハイカウンターとはどんなものなのでしょうか?

どうしたら

今までの食器棚はカウンターの高さが80〜85センチでした。(ミドルカウンターと呼ばれます)

キッチンのシンクと同じ高さに設定されています。

以前はシンクの高さに合わせて食器棚が展開されていたのです。

それが90〜100センチ前後まで高くなり、ハイカウンターと呼ばれています。

シンクの高さに合わせず、使う人が使いやすい高さに進化した食器棚ハイカウンタータイプの食器棚です。

最近は、綾野製作所もパモウナもハイカウンターが主流になりましたね!

【もう家具屋さんに騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

なぜハイカウンターが使いやすい?

僕の奥さんの身長は159センチ。

昔からあるカウンター高さの85センチは奥さんの体のおヘソあたりです。

ハイカウンターの高さ95センチはミゾオチかそれより少し下あたり。

このカウンターがおヘソあたりにくるかミゾオチあたりにくるかが重要なポイントです!

たった10センチの差ですが、使い勝手には大きな差が出ます!

レンジが使いやすい

昔のカウンターだと、レンジの中を少しかがんで覗き込むような高さに位置します。

しかし、ハイカウンターは立ったままの高さで中を覗くことが可能です。

ハイ買う

ご飯をよそいやすい

食器棚の中で炊飯器を置く場所はだいたいカウンターの下に位置する場所。

今までのカウンター(85センチ)はカウンター自体が低いので、炊飯器のご飯をよそう時は結構かがむ必要がありました。腰を痛めそう…。

しかし、ハイカウンターでは、奥さんが立った位置でご飯を茶碗によそうことができます。

引き出しが一段増える

ハイカウンターになることで今まで3段が限界だった引き出しの数が4段に増えました。

そのことで、カウンター下の収納容量が増えペットボトルや米びつ、大きめの鍋もなんなく収納できるようになりました。

大きめのお皿の収納にはコレが便利!

ハイカウンターにデメリットはあるの?

ハイカウンターになっても食器棚全体の高さは変わりません。

だって、家の天井が高くなるわけではないですから笑

カウンターの下が高くなった分だけ上部の引き戸部分の収納が減りました。

これがデメリットですね。

上のハイカウンター食器棚の画像を見ていただくと、横にスライドする扉の部分の棚は3段になっていますよね。

今までの食器棚だと、ここが4段だったんです。

4段から3段になったスペースは先ほどお伝えした下の引き出し部分に移動しました。

でも、使い勝手には影響が少ないです!

というのも、ほとんどの女性は引き戸部分の上2段には届きません。

普段使いのできるものは一番下の段(画像で女性が手を伸ばしている位置)に収納するものです。

上に入らない分が下に入るようになりました!

まとめ:ハイカウンターは使いやすい

綾野カウンター

僕の個人的な主観ですが、ハイカウンターの方が断然使いやすいと思います。

なぜなら、

  • レンジの位置が高くなり使いやすいこと。
  • 食器の少ない我が家は、一段増えた引き出しに
  • 食品のストックなどを大量に置いておけること。

これらがハイカウンターにして良かったと思える理由です。

あなたにとっての食器棚はどんな高さが合いそうか、実際に家具屋さんに行ってみることが良いと思いますよ!

ハイカウンターの他にも「モイス」という素材も悩むポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です