部屋をオシャレにするインテリア小物とは?置く場所には注意!


スポンサーリンク

部屋のインテリアをより良く演出する際に、インテリア小物はとても重要なアイテムです。

 

上手にディスプレイすれば部屋のおしゃれ度は増しますが、逆に誤った置き方をしてしまうと台無しになってしまうことも。そんな失敗をしないために!

 

今回は、部屋がおしゃれになるおすすめのインテリア小物とその置き方をご紹介します。

おしゃれ度の高い小物とは?

まずは「ナチュラル」「モノトーン」「ガーリー」など部屋のテイストを明確に!それに合わせたインテリア小物を選びましょう。

 

インテリア小物を置く前に、自分が表現したいインテリアのテイストを明確にさせましょう。これが曖昧だと、せっかく準備した小物が浮いた存在になりマイナス効果になってしまいます。

 

目指すテイストがハッキリしたら、適切な小物が明確になります。後は自分の感性に任せて揃えればOKです!

 

ちなみに、おしゃれ度の高いおすすめの小物は以下のとおりです。

 

ナチュラルテイストの場合

・観葉植物

グリーンのある暮らしはナチュラルインテリアを表現するのにピッタリなベストアイテムです。

・カフェカーテン

リビングダイニングの間取りには、小窓にカフェカーテンを吊るすだけで、おしゃれなカフェ風インテリアを演出できます。

 

モノトーンテイストの場合

・レザー素材の小物

都会をイメージさせるモノトーンインテリアには基本的に白・黒の小物を置くようにしましょう。リモコンラックや掛け時計など、日常生活で目にするアイテムをレザー調にすれば、よりおしゃれ感がアップします。

 

・ファー素材のクッション

アクセントとして色を入れる場合は、クッションで表現するのがおすすめです。特にファー素材のクッションカバーやティッシュケースなどは高級感を出せるのでステキなインテリアを演出できます。

その他にも、「アロマキャンドル」や「間接照明」なども使えば、部屋のおしゃれ度はさらに増しますよ!

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

置く場所はどこでも良いわけではない!

 

  • 大きいサイズの「メインアイテム」は視野に入りやすい場所へ。
  • 小柄な「アクセントアイテム」はチェストやテーブルの近くに!

インテリア小物は種類によって置く場所も重要になります。

 

ザックリと区分分けすると、大きめサイズの「メインアイテム」はレイアウト(置く)、小柄な「アクセントアイテム」はディスプレイ(魅せる)する。を意識するとイメージがしやすくなりますよ。

 

おしゃれなディスプレイ方法

先ほどのイメージを踏まえて、大きめの観葉植物や照明器具などのメインアイテムの小物はTVボードの横や出入口付近といった、視野に入りやすい場所にレイアウトしましょう。

 

逆に、アロマキャンドルやエアープランツなどの小柄な「アクセントアイテム」は、さり気ないディスプレイの方が際立ちます。チェストの上やテーブルの近くにディスプレイするのをおすすめします。

 

今回ご紹介した方法を活用して、インテリアコーディネートを楽しみましょう!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です