【必見】一人暮らしに必要な家具と逆に不要だったもの


スポンサーリンク

新生活や大学進学で1人暮らしを予定している人、すでに一人暮らしが決定していて準備真っ只中という方も多い時期ですね。

 

今まで実家暮らしだった人は、1人暮らしに不安を抱えながらも、とてもワクワクしますよね。

 

楽しみが大きい分、部屋のイメージも膨らんでいると思いますが、ここで要注意!イメージだけのレイアウトでは失敗してしまうケースが多いんです。新居では、あれも置きたい、これも置きたい、こんなインテリアにしたいな〜という妄想も膨らみますが、現実的なことも知っておきましょう!

 

今回は、1人暮らしを失敗しないための必要な家具と不要な家具をご紹介します。

チェスト(タンス)は収納の必需品!

収納用のチェストやキャビネットは必需品!
購入前にはクローゼットのスペースを確認するようにしましょう。

 

衣類や小物などを収納するチェストやキャビネット。いわゆる「収納家具」は、部屋をキレイに保つ為にも必要です。

 

最近ではクローゼット付きの賃貸も多くなっていますが、クローゼットは掃除機などの生活用品もしまい込むと、意外とスペースが足りなくなるケースがよくあります。なので、収納家具を購入する優先順位は高くしておきましょう。

 

最近では、インテリア栄えするおしゃれなチェストやキャビネットも数多く販売しています。コーディネートを考えながら選ぶのも楽しみの1つですよ。

 

インテリアちよ
クローゼットはあっても、引き出しがないことが多いんですよね。

 

下着などは必ず「引き出し」に収納するので、必然的にチェスト類は必要になります。(定型文)

 

しっかりした寝具(ベッドや布団)で寝よう

生活において、「睡眠」はとても重要!寝具はちゃんとした製品を購入しましょう。

 

一般的に、1日の1/3は睡眠時間と言われている現代。しかし、社会人になると覚えることなどが多く家に帰っても仕事をしたり、大学生だと課題やバイトで忙しかったりで睡眠時間を削ってしまいがちに…。これで、体調を崩してしまったら元も子もありません。

 

なので、睡眠時間を削る分「睡眠の質」を高め、体調管理を整えるように心掛けましょう。予算をケチらずに、しっかりした寝具を使うことをおすすめします。

 

ソファベッドや折りたたみベッドなど、いわゆる「兼用寝具」も売られていますが、健康のことを考えるとしっかりしたマットレスや布団で寝るのが1番です。日常生活の活力にもなりますよ。

 

管理人ちよ
自分は若いから大丈夫!という気持ちはわかります。でも若いしイケるやろ…と眠りに気を使わなかったせいで腰痛・肩こり持ちになった僕がココにいます。

 

眠りの環境は大事!!

 

ソファは「買って失敗」が多い

狭い ソファ 後悔

ソファは邪魔になる可能性が大!設置する場合は1〜2人掛けのコンパクトサイズにしましょう。

 

暮らしをイメージすると、最初に思い浮かぶのは「ソファのある暮らし」だと思われます。しかし、1人暮らしを経験した8割の人からは「ソファは不要」という意見が多いんです。

 

その理由として、1人暮らしでは間取りワンルームのケースが多いため。例えば、6〜8畳のワンルームではスペースに限りがあるので、大きなソファを置くと邪魔になりがちに…。ソファ購入を考えている人は、暮らしに慣れ始めてから検討するのが、失敗しない最善の方法です。

 

どうしてもソファの暮らしに憧れがある場合は、幅120㎝以内のコンパクトソファか替わりにコンパクトな座椅子を置くのをおすすめします。

 

なんなら座椅子でもいいと思います。最近はオシャレで座り心地が神ってる座椅子も多いですよ〜!

 

管理人ちよ
金銭的にもスペース的にも無理してソファ買ったはいいけど、小さすぎて結局座ることは少なく、床に座って背もたれがわりになっていた人がいます。ココに。(定型文)

【買って後悔】一人暮らしにソファは必要性ない!いらない理由は?

2018.01.24

スポンサーリンク

“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

まとめ

ダイニング 高さ

大きい家具だけを抜粋してまとめました。

 

必要な家具はチェストなど引き出し収納です。絶対に必要になります。クリアケースでも十分ですが、見た目がオシャレでお部屋にマッチしたチェストを選べるとベストですね!

 

また、寝具にも気を使いましょう。あまりソファベッドはお勧めしません。実はソファベッドは「眠る」という環境には適していないんですよね。ガタもきやすいし。

一人暮らしでソファベッドを置かない方が良い理由

2016.10.06

 

そして、最後に必要なかった家具は「ソファ」です。僕の個人的な失敗経験が脳に刷り込まれているからかも知れませんが、やっぱりソファは要らないと思います。

 

広いスペースがあってソファが十分に置けるというリッチな方なら話は別ですが、10畳以下のワンルームであれば、ソファは要らないです。憧れは将来のためにとっておきましょう!

 

夢は広がりますが、しっかりと現実を見て毎日帰りたくなるインテリアを作って、楽しく過ごしましょう!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。