【寝室におすすめ】安眠できるカーテンの色の選び方とは?


ABOUTこの記事をかいた人

インテリア好きでインテリア会社でコーディネーターを10年勤務。「住む人が幸せになる空間」をテーマに、あなただけの快適な空間作りをお手伝いします。◇色彩検定◇カラーコーディネーター◇福祉住環境コーディネーター◇

睡眠は、人生の3分の1の時間を費やすとよく言われます。近年、健康に気を使うことが増え「眠り」に関する情報やグッズもたくさん出回っていますよね。

 

枕や音楽、アロマなど直接的に五感に触れるものに意識がいってしまって、他にも重要な睡眠グッズが寝室にあることを忘れていませんか?(もちろん枕なども重要ですが)

 

実は寝室に吊るす「カーテン」で安眠できる部屋を実現することができるんです。前回は【これはダメ】眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色についてご紹介いたしました。

 

今回は、逆にこれが寝室に良いよっていう【寝室におすすめ】安眠できるカーテンの色の選び方とは?についてご紹介します。

暗くても体がリラックスする色

暗闇でも人間は色を感じていることは以前にも説明しましたので、お分かりかと思います。(知らない方は後で読んでみてね!)

 

ライトトーナス値とは?
すごくざっくり説明すると、人間は赤や青などの色を目(視覚)だけで判断しているんじゃなくて、肌で感じとっています。それを数値化したものがライトトーナス値です。

 

そこからも分かる通り、「赤」や「オレンジ」は体の筋肉を緊張させる色なので安らぐべき寝室には不向きでした。では、逆に筋肉が弛緩(リラックス)する色はどんな色なのでしょうか?

 

答えは「ベージュ」です

赤ちゃんがベッドのようなベージュのクッションで寝ている

青や緑がリラックスできる色であることは、ご存知の方も多いと思います。しかし意外にも、ライトトーナス値ではベージュが最もリラックスできる色なのです。

 

それに次に「青」「緑」と続きますので青と緑も筋肉がリラックスできる色に間違いないです。

参考リンク:あなたに合うカーテンの選び方とは?インテリア販売員がまとめて解説!

あなたに合うカーテンの選び方とは?インテリア販売員がまとめて解説!

2018.11.28

 

カーテンをベージュでコーディネート

ベージュで飾られた寝室のインテリア

筋肉がリラックスできるという意味で部屋全体をベージュでまとめれば良いのか、というとそこはインテリア的にオシャレとは呼べませんよね…(汗

 

そこで、寝室の基本となるベースカラーをベージュにしましょう!

 

そこに差し色として濃いめのブラウンを持ってくると見た目としてもリラックスできる空間になります。

 

カーテンもベージュ一色ではなく、ベージュ地に色柄のある生地を選ぶと良いですよ。

くまちよ

本当にベージュだけになってしまうとノッペリした印象の部屋になってしまうので、柄付きにしたり、アクセントに観葉植物をとりいれてもオシャレですね!

 

寝具も忘れずにベージュを!

直接カラダに触れるシーツや布団カバーにはベージュを使用し、ベッドフレームに濃いめのブラウンを使うと非常に相性よく仕上がります。(実は我が家もこの組み合わせ)

くまちよ
ブログに載せようと寝室の写真を撮ろうとしたら「恥ずかしい!」と奥さんに怒られました(汗

参考リンク:あなたに合うカーテンの選び方とは?インテリア販売員がまとめて解説!

あなたに合うカーテンの選び方とは?インテリア販売員がまとめて解説!

2018.11.28

ベージュ系でまとめてみよう!

ベージュの寝具でまとまった部屋のインテリア

暗い寝室で、色は目には見えなくともカラダは感じ取っています。リラックスできる色を使って快適な眠りと、快適な朝を迎えましょう。

 

ただ、同じ濃さのベージュで揃えるのではなく、上記の画像のように、白っぽいベージュや濃いめのベージュといったように変化をつけるとオシャレ度アップします!

 

くまちよ
色の濃さを変えるといっても濃さは「濃い・普通・薄い」の3種類に抑えましょう。

すると、落ち着いた雰囲気にまとめることができますよ!

 

今回はベージュを基本の色として紹介しましたが、癒しの定番・グリーンを使った配色も素敵です。暑くなる季節はブルーを使った寝室の配色もおすすめです。

 

さらに、若返りの色が存在することをご存知ですか!?
ピンク色は血行を促進して肌ツヤをよくする効果があると言われているようなんですね〜。

【ベッドルーム】寝具の色が体調を変える!若返りの色とは?

2015.02.28

カーテンを変える際には正しい採寸をすることが絶対不可欠です。既製品のサイズでは合わない窓が増えている昨今、自宅の窓に合うカーテンの測り方を知っていることは重要ですよ!

 

体がリラックスできる色

数値からも分かる通り、色彩は人間の体に色々な影響をもたらします。中でも、身体がリラックスできる色は

  • ベージュ
  • グリーン
  • ブルー
  • ピンク

が挙げられます。

 

中でも、ベージュは季節を選ばない色ですので、時期によってカバーを変えたりする手間が省けます。ブルーは冬場は寒々しく感じてしまうこともありますからね。

 

もちろん、ライトトーナス値は万人にとって当てはまるものではないので「俺は絶対赤い寝室が落ち着くんや!」という方はそれが正解です。逆に「どんな部屋にしようかな〜」「落ち着くベッドで寝たいな〜」という方にはベージュをオススメします。

 

だって、ベージュって何にでも合うんですよ!寝室の色選びに迷ったら、暗闇でも人間の脳波が落ち着く色である「ベージュ」を選んでみてはいかがでしょうか!

参考リンク:あなたに合うカーテンの選び方とは?インテリア販売員がまとめて解説!

あなたに合うカーテンの選び方とは?インテリア販売員がまとめて解説!

2018.11.28

 

選ぶセンスがないとお悩みの方へ

北欧テイストのベッドインテリアどうしても「自分で選ぶセンスに自信がない」「どう選んで良いか分からない」という場合にはインテリアのプロである専門店がコーディネートした寝具のセットを購入するのが一番早くて確実です。

 

自分で選んで失敗すると後悔が残りがちですが、すでにセットされたものを選部と不思議と違和感なくお部屋に馴染んでしまうんですよね。

 

僕が個人的にオシャレな組み合わせだな〜、と思うのは「unico」のコーディネートです。北欧テイストが好きなこともあるんですが、セットものながら他にはない個性も出せるので非常に気に入っています!(上記の画像もunicoです)
unicoの寝室コーディネートを見てみる

色々とインテリアを見ていると、気持ちがワクワクしてきますよね!ぜひ、寝室を快適にお過ごしください!


1 個のコメント

  • 上手優 より:

    突然のメール申し訳ございません。

    私、㈱文化アディックという広告代理店の上手と申します。

    この度、サイトを拝見させて頂きましてご連絡致しました。

    現在弊社では、主婦の友社より発売している「プラスワンリビング」という雑誌の中で

    ショップ様やインテリア関連の業者様などをご紹介する広告企画を制作しております。

    サイト内でご提案されている内容が、雑誌にとてもリンクすると思い

    メールさせて頂いた次第です。

    ご興味を持って頂けるようでございましたら、詳しい資料をご用意しておりますので

    一度ご連絡を頂けますと幸いです。

    お忙しい事とは存じますが、何卒よろしくお願い致します。

    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    ■媒体情報

     プラスワンリビング
    http://www.shufunotomo.co.jp/

      ・8月17日  ・年4回 5,8,11,2月発売  ・発行70,000部

    ・価格 ¥1380-(税込) ・発行元 主婦の友社

    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です