すっきりと見せる!生活感のないインテリア部屋の作り方


ABOUTこの記事をかいた人

インテリア好きでインテリア会社でコーディネーターを10年勤務。「住む人が幸せになる空間」をテーマに、あなただけの快適な空間作りをお手伝いします。◇色彩検定◇カラーコーディネーター◇福祉住環境コーディネーター◇

お部屋がごっちゃごちゃで生活感丸出しだと、それだけで気分が落ち込んでしまいませんか?なおかつ、それを片付けるとなるとかなり大変…汗

 

お友達や恋人を呼ぶにも、やっぱり部屋を見て「オシャレ〜!」と言われたいですよね。

 

最近では、お部屋のインテリアに極力モノを置かない「塩系インテリア」も流行っています。やっぱり生活感のないスッキリした部屋ってそれだけでオシャレに見えるんですよね。

 

今回は、生活感のないスッキリした部屋の作り方をご紹介していきます。

生活感のある部屋とは?

rumiさん(@rumimin3)がシェアした投稿

では、そもそも「生活感」とは何なんでしょうか?

 

インテリアでいえば「そこに人が生活している雰囲気、生活が見えるもの」のことを「生活感」と表せるでしょう。

 

つまり、生活感がにじみ出ている部屋とは、

 

  • 食べた後の食器がテーブルに並んでいる
  • ソファの上のブランケットに使用済み感がある
  • テーブルの上にテレビのリモコンが置いてある
  • 読みかけのディノスが机に開かれている
  • 玄関に脱いだ靴がそのまま
  • トイレにペーパーの芯が捨てずにそのまま
  • キッチンに捨てる前のゴミ袋が放置

 

など、その空間で「〇〇をしていたんだな〜」と分かってしまうような状態ですね。これが「生活感のある部屋」と呼べます。

 

上記で挙げたような生活感のある部屋には、ある共通点があります。

 

共通点「モノが出しっ放し」

 

使った後のモノが目につくところに出しっ放しになっているから「生活感」が見えてしまうんですよね。

スポンサーリンク

“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

生活感のない部屋を作る方法とは

生活感が出てしまう元凶が「モノを出しっ放し」にすることであれば、その元を絶ってあげることで「生活感のない部屋」を作ることができます。

 

とにかく、生活の中で使うものを目に見えないようにしてしまうことで生活感のない部屋を実現できます。

 

片付ける癖をつける

生活感のない部屋を実現するためには、使ったものを片付ける習慣が必要になります。

 

使ったものを出しっ放しにするから、そこに生活感が宿るんです。だから、出しっ放しにせず使ったものを片付ける、という行動が必要になるわけです。

 

理屈は分かりますよね。でも、片付けられへんねや…。という気持ちも分かります。

 

片付けられない、を具体的に考えると

  • 片付けるスペースがない
  • 片付ける場所が決まってない
  • ちょい置きばかりで片付かない

ということに悩みが多いようです。

 

片付けるスペースを作る

生活感のでるものの代表といえば、

  • リモコン
  • 週刊誌や新聞
  • 食器類・食品類

などが挙げられます。

 

それらを収納する場所を作りましょう。

よっしーさん(@su_san_1922)がシェアした投稿

例えば、収納ボックスなどは100均でも手に入る優れものです。生活感のあるモノを収納することで見えなくしてしまうんですね!

 

カラーボックスの中に収納するのも良いですし、蓋のある収納ボックスを用意してインテリアの一部としてディスプレイするのも良いですね!

 

さらに重要なのが「片付ける場所を決める」ということ。リモコンならリモコン関係だけ、雑誌系・写真など属性を分けて片付ける場所を明確に決めて置きましょう。

いとうさんさん(@itou58)がシェアした投稿

 

ちょい置きの場所を作ってしまう

よくあるのが、「あとで片付けよう」と思って出しっ放しになってしまうケース。

 

実際に我が家でも、ポストに入っていたチラシや出前の広告がテーブルの隅に積み上がってしまったり、畳む前のタオルがソファに掛けたままになっていたり、とそのまま放置されてしまったこともありました。

 

だから、あえて「ここにちょっとだけ置いておく」というスペースを作ってしまいました笑

 

我が家では、ブックケース(画像の左側)を収納の隅に置いて「ちょい置き」の場所にしています。

白いケースが二つ並んでいますが、右側には出前のメニューたちがスタンバイしています笑

 

ただし、ちょい置きしたものも放っておくと溢れてしまいます。毎週火曜日に断捨離する、などと期限を決めて空っぽにしましょうね!

スポンサーリンク

“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

無理せず楽しむことが片付けが続くコツ

以上のことを実行するだけで「生活感のない部屋」は作れてしまいます。

 

  1. まずは片付けるスペースを作って、外側に見えないように収納してしまう。
  2. そして、ちょい置きスペースを作ってすぐに片付かないモノが外に出たままになるのを防止する

 

この二つを守っていれば、次第に生活感のない部屋ができていきます。いきなり百点満点の生活感のない部屋を実現しようとすると息切れしてしまいます。

 

片付ける癖がつかないため、一時は片付いても、またすぐにモノが出しっ放しになってしまっているという残念なケースも見受けられます。

 

まずは、「今月はキッチン周り」「来月はリビング」など少しづつ生活感をなくしていきながら、片付けるクセを身に付けていきましょう!

 

一歩づつ頑張りましょうね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です