【嫌な臭いにオサラバ】部屋の効果的な湿気取り対策まとめ


スポンサーリンク

湿気が増えることは人間にとっても家にとっても不快なものです。特に家の中の湿気は増えるとイヤ〜な臭いへと変わってしまいます。

 

今回は、湿気特有の嫌な臭いにオサラバするべく、お部屋の効果的な湿気の取り方についてご紹介します。

 

湿気大国である日本では湿気は切っても切れない関係です。上手に付き合って、上手に対策しましょう!

換気することが大事

kin_kabi

湿気は同じところに長時間とどまるとそこにホコリがたまったり、ホコリに集まるカビやダニの原因になります。カビやダニが溜まれば部屋の環境としては悪くなりますよね。

 

特にカビは湿気がある場所が大好きですし、一度カビが生えてしまうと除去するのも手間がかかって厄介です。

 

家の中では、水回りが特にカビが生えやすい場所ですが、お風呂の脱衣所・洗面所の壁紙にも平気で生えてきますのでご注意ください!

 

 

普段から、部屋の隅っこなどの空気をかき混ぜることで湿気臭さ・カビ臭さを防ぐことができます。

 

お部屋の窓を開けっ放しにしても、空いている窓から窓へ空気が流れるだけで、部屋の角(天井や床)は空気が流れていないんです。

 

特に、家全体をしっかりと換気する方法については次の記事で紹介しています。

 

部屋干しする時の湿気対策

sentaku1

雨の多い日本では、外に洗濯物を干せない時も多々あります。雨の日はどうしても外に干すことができないので「部屋干し」になってしまいますよね。

 

実は、部屋干しは2リットル近くの水分を部屋にブチまけるようなものなんです!

 

湿気を取ろうと努力しつつも、普段の生活の中で自ら湿気を取り込んでしまうんです。めちゃくちゃ切ないですよね泣

 

そうは言っても、雨が降っているのに外に干すと乾きが悪くなって洋服が臭くなってしまいます。かといって部屋の湿気は溜めたくない。

 

そんな時は、家電を使って効率的に乾かしてしまいましょう!エアコンや扇風機を使うことで部屋干ししつつも湿気を溜めることなく効率的に乾かすことができます。

 

さらに効率的に乾くことで部屋干し特有の嫌なニオイも防ぐことができますよ!エアコンと扇風機、どちらを使うかによって対策の仕方も変わりますのでお部屋に合う方を試してみてくださいね!

 

 

狭い空間は湿気がこもりやすい!

tumblr_m8ae28cWY91qmqgfdo1_500_large

クローゼットやベッド下の収納など狭くてトビラを閉めるような空間は非常に湿気がこもりやすいもの。

 

洋服などは湿気に弱い繊細な素材も多いのでしっかり湿気対策をしましょう!

 

市販の「湿気取り(だんだん水が溜まっていくやつ)」を使うのは、すでに一般的になってきました。でも、アレって交換するのを忘れてしまうんですよね

我が家でも、水がタプタプに溜まったまま、数ヶ月放置してしまってることもしばしばあります笑

 

クローゼットや押入れには換気扇がついていませんので、人間が自分から換気をしてあげないといけません。「クローゼットに湿気なんかたまらんやろ…?」と思ってる方はヤバいですよ!

 

外出時に着ていく服を選ぶのに、クローゼット内の服を何度も出したり直したりしているだけで湿気は溜まっていきます。乾燥している冬場でも、着ていた服をクローゼットにかけるだけで湿気は溜まっていきます。

ベッドの下も湿気がいっぱい!
ベッド下の収納部分にも湿気がたまりやすいのでご注意ください。

 

床のベタベタも湿気が原因

A83543pb01_20015B

夏になると床がベタベタして不快に感じますよね(汗

 

なぜベタベタするかというと、部屋の中の湿度が高いということもありますが、足の裏にかいた汗が床に触れてベタつくという原因もあります。実は、「ラグ(じゅうたん)」が湿気対策に効果を発揮するのをご存知ですか?

 

「夏は暑くてラグなんか敷いてられないよ…」と思われる方が非常に多いんですが、夏こそラグの湿気に対する特性が活きる季節でもありますので、その良さを知っていただければ、さらに快適に過ごせますよ!

 

また、梅雨時期や雨が続く日などは湿度が高くなるので、ベタベタMAXで不快ですよね〜。ベタベタすることでお悩みの方に向けて、以下の記事で3つのことを試してみたのでご一読ください!

スポンサーリンク

“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

まとめ

家のいろんな場所に湿気は存在します。誰かを呼ぶにしても、毎日暮らすにしても湿気が不快な臭いの原因になりますので十分に湿気対策をしましょう!

 

夏の湿気には注意する方は多いですが、冬場でも人間から出た汗が湿気の原因にもなります(クローゼット内など)。

 

湿気は、

  • カビ・ダニの原因になる
  • 木製品(家具や壁紙)を痛める
  • 頭痛など体調不良の原因にもなる

など人間にとって良いこと無いんですよ汗

 

まずはお家の中の湿気対策をして、快適な暮らしを実現していきましょうね!湿気対策が終わったら、お部屋の香りをよくしてみるのも良いですよ〜!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。