【対策してないの?】クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

湿気は目には見えませんがいつの間にかそこにいるもの。

あなたの部屋のクローゼットも知らず知らずの内に湿気で溢れているかもしれません。

クローゼットにとっての厄介者である「湿気」。

あんな狭い空間にどうして湿気が溜まるのでしょうか?

そして、湿気が溜まるとどんなデメリットがあるのでしょうか?

クローゼットの中になぜ湿気があるの?

あなたのお部屋のクローゼットには何が入っていますか?

たくさんの服で溢れていますか?

それとも、使わなくなった思い出の品が箱に入って詰め込まれていますか?

tumblr_m8ae28cWY91qmqgfdo1_500_large

そもそも、クローゼット内にはカビを発生させるほど大量の湿気は存在しないはずです。

それが、なぜあなたの部屋のクローゼットはカビ臭く、湿気で溢れているのでしょうか。

原因は2つ考えられます。

原因① 試着した洋服

「あ〜明日の食事会、何着て行こう…」
「この服も良いけど去年のだしなぁ」
「でも、やっぱりコッチにしよっかなぁ」

明日着ていく服を選ぶのは悩みの一つですが、楽しみのひとつでもありますよね。

特に女性は男性に比べ、持っている服が多くアクセサリーの組み合わせも豊富です。

そして、何よりオシャレに敏感なので大事なイベントになればなるほど着ていく服には迷ってしまうものです。

一度着ては、姿見に映る自分を見て、他の服を着てみては姿見を見て…その繰り返し。

Woman Checking Outfit in Mirror

実は、その試着がクローゼットに湿気を持ち込んでいます。

人は肌では感じませんがふとした瞬間にも汗をかいています。

もちろん、先ほどのように試着をしただけ。

その一瞬にも汗は服に付着し、クローゼット内に取り込まれます。

また、ジャケットや羽織ものなどの上着も1日着たあとにそのままクローゼットに戻すと汗が湿気となり溜まっていきます。

試着でついた汗は汗染みの原因にもなるのでご注意くださいね!


“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

①浅い眠りを改善する意外な方法とは?

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

②やってはいけない観葉植物の飾り方

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

原因② 空気が通る隙間がない

あなたの家のクローゼットはモノで溢れていませんか?

image_7731_400_0

空気が止まっている場所はカビが住みやすい環境の一つです。

空気が循環するほどの隙間もないクローゼットはまさにカビが好む場所。

洋服もギッチギチに詰めるのではなく服の間にスッと手が入って取り出せるくらいが良いです。

洋服は詰め込まれていなくても箱などは詰め込まれていませんか?

061004

季節によって使わなくなった家電などを箱に戻してクローゼットに収納することはよくありますよね。

でも、そんな箱ばかりで溢れてしまうとやっぱり空気が止まってしまう原因にもなります。

image_12484908277

また、段ボール箱は湿気を吸いやすい素材です。

吸い取った湿気を、そのままクローゼットに持ち込むことにもなりかねませんので注意。

 

まとめ

普段の生活がクローゼットに湿気を持ち込んでしまうことになります。

他に直す場所が無いから、といってクローゼットの収納力に頼っていると

そこに置いたモノ全てがカビだらけ…なんてことにもなりかねません。

storage01

クローゼットの開け閉めをした時に自然と空気が流れるようなスペースを確保できるよう日頃からスッキリ収納を心がけましょう!

 

もしも、クローゼット内がすでに湿気まみれならとにかく換気しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT元・家具屋が書きました

管理人ちよ

インテリア会社でコーディネーター・家具販売として10年勤務。「住む人が幸せになる空間」をテーマに、あなただけの快適な空間作りをお手伝いします。◇色彩検定◇カラーコーディネーター◇福祉住環境コーディネーター◇