【一人暮らしでも簡単】夏の部屋の暑さを涼しくする3つの方法


スポンサーリンク

暑い!!

日本の夏。地球温暖化が進んだ夏の暑さに毎年、苦労しますよね

 

電気代節約のためにクーラーの使用を控え暑さに耐える人やクーラーの風が身体に合わないなどの理由で暑さに耐える生活を送っている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、室内でも熱中症になってしまう危険があるので、極端な我慢のしすぎはよくありません。

 

暑さを我慢しすぎず、さらにクーラーにも頼らずに、夏の暑さを涼しくする3つの簡単な方法をご紹介します!

扇風機に濡れタオルをかけて快適に

クーラーが苦手な人におすすめの方法が扇風機と濡れタオルを併用する方法です!冷風を扇風機にのせて優しい涼しさを作りましょう!

 

夏の家電といえば「扇風機」ですよね。冷風を送る家電に思えますが、実は扇風機には温度を下げる効果はありません。風で空気を循環させ、熱を分散させているだけなのです。

 

あなたの経験でわかると思いますが、暑い部屋で扇風機を回しても「ムワァ〜〜〜」とした生暖かい風が部屋を循環するだけになってしまいます。

 

そこでおすすめなのが、「濡れタオル」をかけて使う方法です!

扇風機の後ろや前に水で濡らして絞ったタオルをかけて扇風機をつけるだけで冷んやりとした風を起こすことができます。まぁ、ちょっと見た目的にはアレですが…

 

暑い日のコンクリートに打ち水をすると、蒸発した水が地面の温度を奪います(気化熱)。この気化熱を利用して、冷たい濡れタオルの冷気を風で送るんですね。身体に優しい心地よい涼しさを生むことができますよ。

 

しかし、しっかりとタオルを絞らないと水分が機械の中に入ってしまうと故障の原因にもなってしまいますのでご注意ください!

 

他にも濡れタオルをかけるのではなく、水を入れて凍らせたペットボトルをタオルに巻いてから扇風機の後ろに置いて冷たい風を部屋に行き渡らせる方法もあります。マジで冷たい風が来るんで、ぜひお試しください!

窓からくる暑さを断熱材で防ぐ

猛暑が厳しい日には節約も限界。クーラーを数時間程度、起動して一時的に室内を冷ます人もいるかと思われます。

 

しかし、夏は室内を一時的に冷やしても温度の高い外気温が室内に入り込み、直ぐに室温が上昇してしまうそうです。データによれば、窓ガラスから5070%も熱が室内に侵入するとのこと

 

窓も技術の発展により製品も進化しています。現代の真空ガラスや二重サッシ仕様なら1/3~半分まで熱の侵入を防げれるそうです。賃貸の場合は借りる前にガラスの構造も確認しておくのをおすすめします。

窓の交換となると賃貸ではほぼ不可能。その場合、グリーンカーテンを試してみてはいかがでしょうか?

 

グリーンカーテンに使用されるヘチマやゴーヤなどツル科の植物は、数週間で窓を覆えるほど早く成長します。光合成の効果で、陽の光を吸収し酸素もつくるので家計にも環境にも優しい、エコな断熱材となるのでおすすめです。

 

植物なども育てる自信がないという方は人工的に窓に断熱材を貼るという方法もあります。

い草を使ったラグを敷く

インテリアで涼しさを感じたいなら「い草」ラグがおすすめです。

畳の原料としても使われる「い草」は、空気中や部屋の中の湿気を調節する特性があります。なので、敷くことで湿度が調整された快適な室内環境を整える効果があります。

 

その他にも、消臭性にも優れており、見た目も清涼感のあるデザインが多いので「い草」は夏の時期にぴったりのアイテムです。

スポンサードリンク

“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも


“ジメジメ湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

節約しながら夏を乗り切ろう!

夏の暑さを涼しくする3つの方法をご紹介しました。

 

エアコンは温度調節に便利な家電製品ではありますが、長時間の使用は身体の呼吸器系に負担がかかり体調を崩しやすくなってしまうので注意が必要です。夏風邪や体のダルさが取れない、という原因にもなりかねません。

 

できるだけ、エアコンの使用を控えれば電気代の節約にもなります。ただし、暑すぎることを我慢すると熱中症にもなります。身体と相談しながら、快適な夏を送れるようにしましょう!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です