涼しげに夏のリビングを過ごすインテリアの素材やコツとは?


スポンサーリンク

厳しい夏の暑い季節。
外が炎天下で厳しい分、家の中では快適に過ごしたいですよね。

 

部屋を涼しくさせるのについついエアコンなどの家電製品に頼ってしまいがちですが、実はインテリアのコーディネート次第で暑さを和らげることもできるのです。

 

今回は、夏に季節にもリビングを涼しく感じられるインテリアのコツをご紹介します。

夏の素材はガラスがおすすめ!

涼しさを彩るインテリア雑貨や家具の素材におすすめなのが「ガラス」です。

 

「ガラス」は透明感があり性質上、無機質に感じさせる特徴があります。なので、家具でレイアウトすると圧迫感を与えづらく、さらにどんな部屋にも合わせることができる優れた素材でもあります。

例えば、リビングテーブルをガラス素材で置くとスッキリとした印象の空間にすることができます。

 

その他にも、ガラス素材のアイテムとして「風鈴」もおすすめです。

デザインが涼しげな印象を与える「風鈴」はその見た目だけでなく、奏でられる鈴の音には癒しとリラックス効果があると言われている優れたアイテムです。

 

風通しの良いリビングの窓際や、玄関に吊るすと風流を感じさせる空間を演出できます。

 

しかし、ガラス素材は繊細でもあるので誤ってぶつけてしまったり、乱暴に扱うと割れてしまう危険があります。さらに、デザインによっては角が尖っているアイテムもあるので、取り扱いには注意しましょう。

スポンサーリンク

“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

イメージは青と白!ラグやクッションも涼しげに

インテリア雑貨や小物を使って涼しさを演出することもできます。

イメージは「海」を感じさせる「青」や「白」のアースカラーを選びましょう。夏のインテリアを代表させる「マリン」テイストの雑貨やアイテムは、より空間を涼しく感じさせる効果が期待できるのでおすすめです。

ラグやクッションなどのファブリックアイテムは、選び方次第で清涼感のあるインテリアコーディネートができます。

ラグを選ぶ際は、熱やホコリが溜めこみにくい毛足の短い製品がおすすめです。ボーダーやラインの入ったデザインにすると、さらに清涼感が増します。

クッションも同様に、無地の場合は「青」や「白」が部屋にも合わせやすくおすすめです。クッション生地はお店によってはマリン柄など種類が豊富で選択の幅が広く、存分にコーディネートを楽しめますよ。

カーテンで実践できる真夏のマリン系インテリアの方法とは?

2018.04.21

夏のリビングを涼しげに見せるコツまとめ

リビングを涼しげにみせるポイントをまとめるとこのようになります。

  • 素材は無機質で透明感のある「ガラス」アイテムがおすすめ。
  • 「青」や「白」などアースカラーのファブリックアイテムを使用する。
  • ラグは毛足の短いアイテムを。クッションで個性を演出してみる。

夏に季節にもリビングを涼しく感じられるインテリアのコツをご紹介しました。

 

人間は視覚からの情報によって80%をイメージすると言われています。

 

なので、インテリアコーディネートは工夫次第で部屋をオシャレにするだけでなく、涼しい印象を与えたり、リラックスできる空間を造れるなど日常の暮らしを豊かにしてくれます。

 

住宅の中においてリビングは、家族が集まりコミュニケーションを取る憩いの場でもあります。

 

家族が自然と集まるリビングへ。この夏は、涼しいコーディネートにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

②やってはいけない観葉植物の飾り方

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

この記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です