テレビ台の配線をすっきりまとめて隠す収納方法とは?【画像で解説】

テレビ台の裏の配線

ABOUTこの記事をかいた人

くまちよ

インテリア好きでインテリア会社でコーディネーターを10年勤務。「住む人が幸せになる空間」をテーマに、あなただけの快適な空間作りをお手伝いします。◇色彩検定◇カラーコーディネーター◇福祉住環境コーディネーター◇

テレビ台の裏側の配線がゴチャゴチャで見た目が悪い。
ぐちゃぐちゃの配線にホコリが絡んで掃除しにくい。
何本にも並ぶ黒いケーブルをスッキリまとめるのって結構大変ですよね。

 

今回は、テレビ台の配線をスッキリまとめて隠す収納をご紹介しているんですが、最初から計画的にやっときゃ苦労しなかったな…という思いの連続でした泣

 

くまちよ
明日やろうはバカヤロウ。
数年越しにようやく重い腰を上げ、朝から準備して配線コードを整理することを決意したんです。

 

ごちゃごちゃの配線をまとめた後は、お部屋が明るくなった気がして、気分までスッキリしたよ!

テレビ台の配線をスッキリまとめる方法

配線がごちゃごちゃ

それでは、ここからは実際にテレビ台のごちゃごちゃした配線をすっきりまとめる方法について順番に説明します。

 

早くスッキリさせたい気持ちは分かりますが、急がば回れ。配線の順序を守ることで、よりスッキリした見た目を実現できます。

 

配線計画を決める

テレビ台付近のごちゃごちゃのコードを無計画にまとめてもスッキリしません。

 

まずは、それぞれの配線がどこに向かっているかを把握し、どう束ねれば効率よくまとめられるのか計画しましょう。

 

ごちゃごちゃの配線

おそらく上記の画像のようにゴチャゴチャに入り混じっていて、どれが何のコードなのかも分からない状態になっていると思います。

 

まずは、コードの行き先を整理して、それぞれの道筋を見直しましょう。

配線を整理する

周辺機器が多いほどコードが増えますが、外したり付けたりを繰り返しながら少しずつほどいていきます。

 

例えば、ビデオレコーダーは電源を取るためのコードとアンテナコード、テレビに出力するコードの3種類あるのが一般的です。(画像ではアンテナ線は割愛してます)

 

  • ビデオレコーダーから電源コンセントに行く線
  • アンテナジャックにつなぐ線
  • テレビにつなぐ線

という風に、ビデオレコーダーだけでなくゲーム機や他の周辺機器も同様にコードの行き先を整理していきます。

 

すると行き先が途中から重なる部分が出てきます。その重なった部分をまとめるとキレイに整理することができます。

 

配線をまとめる

画像のグレー部分が束ねるポイントです。何でもかんでも一気にコードをまとめるのではなく、行く方向が同じものから少しずつまとめていく感覚でまとめると上手くいきます。

 

テレビ台の配線をまとめる方法

さて、配線を整理できたら実際にコードをまとめていきましょう。コードをまとめる方法は様々ありますので簡単にご紹介しますね。

 

まずは、結束バンドでまとめる方法です。インシュシュロックやロックタイと呼ばれることもあります。

結束バンド

一度縛ったら切るまで解(ほど)けないので、強力に留めることができます。ただ、逆に言うと失敗すると切るしかないので計画的に留める必要があります。

 

View this post on Instagram

 

ゆりのこさん(@yurinocoo)がシェアした投稿

配線をまとめるだけでなく、色々な活用方法があるので便利ですよ。結束バンドの便利な使い方がヤバすぎる!では色々と応用した使い方をまとめています。

 

次に、配管チューブ。これは複数のコードをまとめてしまうと言うものです。コードチューブやスリットチューブとも言われます。

配線を整理するアイテム

まとめた複数のコードが一本の太いコードになりますので、かなり見た目がスッキリします。また、配線を保護する役割も期待できるので便利ですね。

 

View this post on Instagram

 

accoさん(@acco.co_m)がシェアした投稿

くるくる回して付けていくのが手間ですが、見た目のスッキリさは半端ないです。

 

最後にマジックテープです。ホームセンターなどでも長〜いマジックテープが丸めて売られています。

配線を整理するマジックテープ

結束バンドと使い方は似ていますが、好きな長さに切ることができるのと繰り返し利用ができる点が魅力です。僕は迷った挙句、マジックテープを採用しました(後述します)。

 

切った長さ以上にテープが必要になった時は使えなくなるデメリットもあります。その時は他の箇所に使い回しましょう。

 

コードをまとめるだけでも色々な方法があります。

  • 結束バンド
  • 配管チューブ
  • マジックテープ

あなたの一番やりやすそうな方法を試してみましょう。いろいろ探した中で、僕はマジックテープで配線をまとめました。

 

決め手は、マジックテープを長めに切っておけば何度でも簡単にやり直しができるからです。

 

ワイヤーネットでスッキリまとめる方法などもネットで見たんですが、僕には難しすぎました汗

スポンサーリンク

“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

①浅い眠りを改善する意外な方法とは?

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

②やってはいけない観葉植物の飾り方

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

おすすめのコード掃除方法

掃除している

テレビ台の配線コードがスッキリまとまってもホコリは溜まってしまうもの。火災の原因にもなりますのでホコリは定期的に掃除しましょう。

 

でも、配線がまとまっているので、ものすごく掃除がやりやすいんですよね。(整理した自分を褒めてあげましょう!)

 

くまちよ
えらい!ホコリまみれになりながら、よく頑張ったね!

 

ごちゃごちゃの配線だった時は見るだけで掃除する気も起こらなかったはずです。僕がそうだったので汗

 

まとまった配線コードを掃除する時は

  • 掃除機
  • エアーダスター

を使用すると効率的にホコリを除去することができます。

 

エアーダスターとは、パソコンやカメラなど精密機械を掃除する時に空気でホコリを飛ばすスプレーのようなものです。

 

プシュっと勢いよくエアーが出ますので、配線に絡まってしまったホコリを飛ばすのに役立ちます。

 

その後で、ヘッドをブラシタイプに変えた掃除機で吸うと奥まで溜まったホコリもキレイになりますよ!

 

エアーダスターはフェイクグリーンの掃除にも重宝しますので、一本持っておいて損はしません。我が家では常備していますよ。

参考リンク:【やってみた】観葉植物の葉っぱを素早く簡単に掃除する方法

【やってみた】観葉植物の葉っぱを素早く簡単に掃除する方法

2017.02.11

ごちゃごちゃな配線はマジ危険!

もうご存知の方も多いとは思いますが、大事なことなので念のため書きます。

 

ごちゃごちゃの配線は火事の元です!

 

絶対にやめましょう。配線が過密に絡み合うと掃除ができずホコリがたまる一方になります。万が一、コードに不具合が起きていると火災を引き起こす危険があります。

 

 

自分の命を危険にさらさないためにも、テレビ台の配線周りをスッキリまとめて掃除がしやすい環境を整えましょう。

 

ご注意ください
家電製品の説明書きには「電源コードは束ねて使用しないでください」 という旨の表記があります。

今回、配線を束ねることの危険性は承知の上で、それよりも配線がごちゃごちゃになることでコードの過熱部などからホコリに引火することの方が危険ではないかと判断し記事作成にいたっております。

また、電熱器具など消費電力の大きい製品は発熱する危険が大きくなりますので「束ねる」ことはお勧めしません。

「配線をまとめる」ことは、あくまでも自己責任でお願いします。

詳しくは、横浜市消防局サイトに様々な事例が掲載されていますので、参考にしてみてください。

 

まとめ:配線の収納方法を実践

最後に、実際に僕がテレビ台の裏をマジックテープでまとめた様子を写真に撮ってみました。

ごちゃごちゃの配線コード

これがまとめる前。最初コードを見た時はまとめ直す気にもならなかったんですけどね。よく見るとホコリもかなり溜まってますね。何がどれのコードだか分からない状況です。

 

それらを今回ご紹介したように

  1. 配線計画を決める
  2. 配線の行き先を整理する
  3. 行き先が同じものをまとめる

という順序で配線し直してみました。

 

ダイソーにマジックテープが売ってたので、早速購入。

ダイソーのマジックテープ

百均って何でも売ってますよね。
それはそうと、気を取り直して配線コードをまとめる作業に戻ります。

 

そして、結果がコレ!

テレビ台の裏がスッキリした配線

なかなかスッキリしました!
テレビ台の後ろなので普段は見えることはない場所ですが、ごちゃごちゃだったコードがスッキリしたので、簡単にホコリを拭きとることができるようになりました。

 

配線がスッキリすると見た目も抜群に良くなりますし、掃除もやりやすくなります。材料もプチプラで揃えられますので、ぜひ整理してみましょう!


テレビ台の裏の配線