一人暮らしでテレビ台を買わずに代用する方法とDIYの実例まとめ

テレビ台をDIY

一人暮らしで絶対に必要な家具って意外と限られています。その中でも必要なのが「テレビ台」です。

 

でも、賃貸に住んでいたら「高価なものは必要ない」「壁掛けにはできない」「床に置くと不衛生」という悩みが多いのも事実です。

 

実際に僕も一人暮らしの時はテレビ台を買いませんでした。でも、テレビを床に置くのは嫌なのでカラーボックスで代用したり、ブロックと板でDIYしたりしていました!

 

管理人ちよ
既製品のテレビ台だとサイズが合わなかったり、高価すぎて手が出なかったんですよね〜泣

 

今回は、テレビ台を買わずに他のもので代用する方法を実例とともにご紹介していきます!

 

テレビ台の代用は何が使える?

オシャレなテレビ台

ここからご紹介する内容は特に「一人暮らし」の方にピッタリだと思います。なので、壁掛けにしたり、オーダーで造作家具を作って代用しよう!という内容は出てきません汗

 

あくまでも、既製品のテレビ台を買いたくない(買えない)、かと言って床に直置きしたくない、という方向けです。

 

カラーボックスで代用する

カラーボックス使用例

最もオーソドックスなスタイルです。カラーボックスを横に置いてそのままテレビ台を乗せて使う、というのが一般的ですがそれだと紹介してる意味もないですよね。

 

僕は横に置いたカラーボックスの上に木の板を置いて使ってました。天板を置くことで強度も増しますし、木の独特の木目が見えることで雰囲気がアップします。

 

管理人ちよ
ホームセンターで2,000円ほどで買えます。DIYが得意なら色を塗っても素敵に仕上がりますよ!

 

また、複数の小さいカラーボックスを置いてから天板を重ねることでサイズを調整することもできる(あとで紹介)ので簡単で便利です!まじオススメ!w

 

カラーボックスをテレビ台にする時の注意

カラーボックスをそのまま横に置いて使う時、棚の中にDVDプレイヤーやゲーム機を入れようとすると背面に板があるのでコードが通せません。

 

なので、穴を開ける必要があります。

 

ほとんどのカラーボックスの場合、背面の板は薄っぺらいものです。見た目を気にしなければカッターで切って穴を開けることもできます。(怪我に注意!)

 

背板を全部取ってしまうと、枠組みだけで支えてしまうことになりテレビの重さに対して不安定になるので注意が必要です。

 

というわけで、コードを通す分だけ少し大きめに穴を開けてしまう方が簡単だと思っています。

 

ネットで見てみたら、最初っからテレビ台向けに穴が開いているカラーボックスもあるみたいですねw

 

テレビ台を代用した実例

 

View this post on Instagram

 

Miさん(@mi.sticker)がシェアした投稿

カラーボックス用の引き出しや扉も種類が増えていて、簡単にできるDIYとして一人暮らし世帯だけでなく、主婦からも人気です。

 

 

View this post on Instagram

 

asa˙˟˙♡⃛さん(@asy.hooom)がシェアした投稿

僕もこんな感じで作ってました!(と言ってもこの画像のテレビ台の方が何倍もおしゃれで素敵ですが汗)

 

よくよく見てみると、二つのカラーボックスを下に置いて少し大きめの天板を使用しています。しかも、ナチュラルな雰囲気で合わせるために天板と棚板の色を合わせたり、小物の色も合わせているところがオシャレ感アップさせてますね!秀逸!

 

複数のカラーボックスを下に置いて天板を置くことで、空いているスペースに合わせてテレビ台を作ることができます。なので、模様替えもすることができますね!引っ越しをする前提のご家庭でも実践できる素敵なインテリアです。

 

 

View this post on Instagram

 

yさん(@lab.yuu)がシェアした投稿

リメイクシートを使えばカラーボックス独特の安っぽい感じを消すことができます。そのリメイクシートも100均で買えるのでプチプラでリメイクできてしまいます!

 

スポンサーリンク

“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

簡単DIYでテレビ台を作ってしまう

次は、もう一からテレビ台を作ってしまうという案です。

 

一から作ると言っても既製家具のように図面を作って、木を切って、ネジで留めて…というものではありません汗

 

 

View this post on Instagram

 

Atsushi Teshigaharaさん(@altes27)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

moko_Kさん(@moko_kuro)がシェアした投稿

こんな感じで、ブロックと板を用意して組み合わせるだけの簡単DIYです。僕は一人暮らしの時にこの作りでテレビ台と本棚を作りました。

 

僕が使用していたブロックは本物の石ではありません。なんと発泡スチロール!もちろん、本物の石やレンガを使った方が質感も出ますし、強い。でも、費用がかさむんですよね。。。

 

一人暮らしでお金もなかった僕は、たまたま100均で見つけた発泡スチロール製のブロックを支柱に使って、板を組み合わせてDIYしました!

 

管理人ちよ
今作ればもっと丈夫でオシャレなテレビ台も作れそうですが、当時はお金もなかったもので…。でも気に入って使ってたな〜。友人からの評価も高かった(自慢)。

 

これこれ!懐かしいw

 

 

テレビ台DIYの実例

すでに実例つきでご紹介していますが、素敵なDIY例はたくさんあるのでご自身で作るときのインスピレーションのお役に立てていただければ…!

 

 

View this post on Instagram

 

GENIさん(@soratobipenguin)がシェアした投稿

 

これで3,000円しかかかっていないとか天才ですかね!?

 

木目がはっきりしていると高級感が出ますよね。横幅が長くなりすぎるとテレビの重みで天板が反ってしまうので真ん中あたりにも支柱を置くことがポイントです。

 

 

View this post on Instagram

 

タカさん(@taka1988405)がシェアした投稿

こちらも流石のDIYですね〜!

 

テレビ台として出っ張る空間(や存在感)を無にしつつ、床に直置きしてゴチャゴチャ感も出していないという素敵な実例です。これはヤラレタ。

 

この場合、普通だったら真っ黒の配線コードが垂れて見た目が悪くなってしまいがち。その配線コードを木の柱(2×4材)の影に隠しているところが素敵すぎます!

 

おそらくディアウォールを上手く使ってこのスッキリ感を出していらっしゃいます。すごい!→ディアウォール公式HP

 

まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

読み進めていくと「あれ?買うより安くてオシャレじゃない?」と思っていただいていれば僕も書いた甲斐があったというものです。

 

もちろん既製品の方が強度もあって、楽に使うことができます。でも、サイズの選択肢が少なくて、部屋に合うデザインが少ない。というのがテレビ台の難点でもあるんですよね。

 

一人暮らしの自由な生活であれば、自分でDIYしてしまうという選択肢も十分にアリです。なんならその方が家具に愛着が湧くし、費用も抑えられます。

 

作業時の怪我には十分に注意して、DIYを楽しんでみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

テレビ台をDIY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。