【これはダメ】眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色


昨日も眠れず、仕事中や授業中も
眠くて作業が手につかないなんてこと
ありませんか?

一度や二度ならまだしもそれが毎日続くようなら
寝室のカーテンなどの色が悪いのかもしれません。

 

今回は、
【これはダメ】眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色
についてご紹介いたします。

 

眠くても眠れない…
明日も仕事なのに…
もう布団に入って何時間たったよ…

 

そんな夜を過ごすのは苦痛ですよね(汗
でも、その原因を考えてみたことはありますか?

 

あなたが眠れないのには必ず原因があります。
その原因を無くしてしまうのが一番なのですが
ストレスなんかは仕事には付き物ですので
なかなか無くならないですよね…

 

もしかすると、ストレスなんか無いし
生活リズムもバッチリのはずなのに
なんか眠れない。
なんて人もいるはずです。

 

寝室は、家の中で一番安らぐべき場所。
リラックスして眠れないのは
「カーテンの色」が関係しているかもしれません。

 

スポンサーリンク

“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

 

寝室が暗くても人間は色を感じている

んなわけあるかよ!
暗い部屋で色なんか見えないだろ!

そんな声が聞こえてきそうですねw

 

もちろん、寝室のように暗い部屋では
色は見えません。

だからといって、
何色の部屋にしてもリラックスには関係ないだろ。
というわけではありません!

man-93951_1280

 

 

人間の体は色に反応している

ライトトーナス値という言葉を
ご存知ですか?

 

1910年にシュタインという人が
実証した値のことです。
色を感じない状況で人間の筋肉の弛緩度を
表したものです。

 

簡単に言うと、
人間は何も見えない状況でも
「赤」が近くにくると筋肉が緊張して
「青」が近くにくると筋肉はリラックスする
というもの。

 

つまり、
暗い部屋でも興奮してしまう色が
寝室にあふれていては眠れない!
ということです(どん!)

 

 

赤やオレンジは寝室に不向き

先ほどのライトトーナス値では
「赤」が一番筋肉が緊張し
次に「オレンジ」がきます。
一般的に「興奮色」と言われる色ですねw

赤い寝室

 

筋肉が緊張するというのは
知らず知らずに体に力が入っている
ということです。

439197_80220216

 

どんなに疲れていても眠れないのは
あなたの部屋が「興奮色」で囲まれている
からかもしれません!

逆にリラックスできる色とは?

 

 

まとめ

人間の体は不思議なものですね。
目に見えない色すらも実は感じ取っていたのです。

 

お部屋は暗くするんだから
寝室は好きな色を使って構わないだろう、
という考えは間違っているということです。

 

体に優しい色合いを使って、
日々の疲れを癒してくれる最高の寝室を
目指しましょう!

 

カーテンの色はリラックスできる色なのに
やっぱり眠れないよ!という方は
快適な睡眠は「マットレス」によって実現可能!その方法は?
も試してみてください!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。