マンションでも実現可能な「北欧インテリア」の作り方とは?


スポンサーリンク

数あるインテリアテイストの中でも、認知度と人気が高い「北欧」インテリア。

 

スウェーデンやノルウェーなど北欧地方の人々の暮らしをモチーフにした「北欧インテリア」は、一軒家や戸建てじゃないとコーディネートが難しいイメージですが、ポイントを押さえればマンションや賃貸アパートでも十分に表現することができます。

 

今回は、北欧インテリアをマンションでもコーディネートできるポイントとコツをご紹介します。

リビングは無彩色×ウッドでシンプルに

クロスや壁面の色は「白色」がマスト!フローリングの色に合わせた家具をコーディネートしましょう!

 

リビングを「北欧」インテリアにコーディネートする場合、装飾や色彩はあまり拘る必要はありません。壁面のクロスを「白」や「灰色」の無彩色で、床もラグなどで飾らずフローリングの色味を活かしたシンプルな空間をイメージして演出しましょう。

一言

日本の賃貸住宅やマンションは白い壁クロスが貼ってあることが多いので、選ぶ必要がなくて楽チンですね!

北欧インテリアの基本は「木材」を活かしたコーディネートになります。なので、フローリングのある部屋ならそのまま活用するのが一番!床の色味に合わせて家具を選ぶようにしましょう。

 

例えば、テーブルを合わせる場合は、床材がナチュラルなど明るめの色味ならテーブルもオーク材やパイン材など明るめの素材を。

 

逆にダーク色で暗めの色味ならウォールナット材やチーク材など濃い色味のテーブルを合わせる。このように、色味を合わせることで部屋に統一感がでて失敗が少なく、スッキリした印象のリビングをコーディネートできます。

 

管理人ちよの一言

床と家具の色を合わせることがインテリア全体に置いて正解という訳ではありません。床と家具の色が違っても大丈夫です。

ただ、本記事のように北欧インテリアを実現するためには床と家具の色を合わせた方が簡単にオシャレインテリアが完成しますね!

 

もし、床が塩化ビニールなど(少し柔らかい素材)でフローリング(硬くて本物の木)ではない部屋なら、ウッド柄のラグを敷いてみましょう。それだけでも十分に北欧インテリアを楽しむことができますよ。

スポンサーリンク

“お部屋の湿気対策”

①【3つの嘘】ベッド下収納の湿気対策

②クローゼットの中は湿気だらけでヤバい!

③【梅雨】床のベタベタ3つの対策法

④【嫌な臭いに】部屋の効果的な湿気の取り方


“お部屋臭くない?”

①【女子の好感度上昇】男部屋をいい匂いにする方法

②【マンション対応】お風呂の排水溝が臭い時の対処法

③【超簡単】タンスの嫌な臭いの消し方ベスト3

④なぜか洗濯物やタオルが臭う理由


“冬のトラブル対策”

扇風機を安易に天井に向けちゃダメ!

暖房つけたら頭痛するから対策してみた

窓際から入る冷気をシャットアウト!

あなたの部屋が寒い原因はコレかも



“カーテンのお話”

①遮熱レースカーテンが効果発揮する部屋

②新築マンションのカーテンは内覧会で採寸せよ

③眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

④安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“照明のハナシ”

①シーリングファンの効果とは?

②賃貸でシーリングファンを取り付ける方は必読

③ダイニング照明をオシャレに魅せるワザ


“実践してみた”

①部屋に統一感がないので家具をリメイクした

②壁のネジ穴をクロス補修キットで直してみた!


“お部屋臭くない?”

②厚生労働省オススメの仕事を効率化する昼寝と方法

③寝具の色が体調を変える!若返りの色って何色?

④なぜ?掛け布団が原因で花粉症の発症者が続出!

⑤眠れない寝室にありがちなカーテン・寝具の色

⑥安眠できるカーテンの色の選び方とは?


“お部屋臭くない?”

①床と家具の色合わせでオシャレに統一する方法

③インテリア的にソファなしの部屋ってどうなの?

④【差し色】茶色はインテリアのベースとして最適

⑤【差し色】インテリアに紫の心理効果は通用する?

⑥【家具屋に騙されない】食器棚おすすめメーカー紹介!

⑦【インテリアがハワイアンに】小物で部屋を変える

⑧【男ウケを狙う】女子部屋のインテリア

⑨【耐震】揺れに強い耐震器具はコレだ!

ダイニングの照明はアクセントにぴったり

ダイニングの照明にこだわりを!デザイン照明で個性を演出しましょう。

 

「北欧インテリア」をさらに深く表現したい人は、照明にこだわりをいれるのをおすすめします。

 

照明と食卓テーブルの組み合わせは多種多様です。幅も広いので個性の出せるコーディネートを楽しむことができますよ。

例えば、優しいダイニングを表現したい場合は木製のシーリングライトを吊るしてみましょう。シンプルなデザインが多いシーリングライトはリビングだけでなくダイニングにもピッタリ。木製デザインにして色味や素材をテーブルと合わせると統一感のあるコーディネートができます。

遊び心を取り入れるなら、ステンドグラス調の照明を。クールな印象にしたいならワイヤーシェードの照明を選ぶなどして、自分だけのダイニングをコーディネートしましょう。

 

差し色を入れてオシャレ度アップ!


クッションなどファブリックアイテムに差し色を!

 

これまで揃えてきた色味のシンプルな北欧インテリア。その中に色彩を取り入れる場合は、クッションやカーテンなどのファブリックアイテムに取り入れるのをおすすめです。

 

特にクッションは差し色で加えることで、さり気ないオシャレ感を演出できます。家具やカーテンに比べると、コストもあまり掛からないので手軽にコーディネートを楽しめるのも魅力の一つです。

 

まとめ

北欧インテリアをマンションでもコーディネートできるポイントとコツをご紹介しました。

  • 部屋全体では色味を抑える
  • 照明やクッションでアクセントを入れる
  • 差し色でオシャレ度アップ

以上のことに気をつけるとオシャレな北欧空間を賃貸でもマンションでも実現することができます。

 

高い家具を置くだけがオシャレなインテリアではありません。いろんな実例をみて、あなただけの北欧インテリアを実現してみましょう!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。